読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

今週の新入荷、1月第4週

書籍

早いもので1月も終わりが近づいてきました。朝晩は最も冷え込む季節。暖かくした部屋でゆっくり本を読み、いつしかうとうと眠りに落ちるのもまた読書の醍醐味のひとつですね。
今週も良い本がたくさん入荷しております。

 

f:id:keibunshabooks:20170127210917j:plain

今週まずご紹介したいのが、幻の漫画の復刻版『ちひろのお城 千明初美作品集』。『黄色い本』や『ドミトリーともきんす』などでおなじみの漫画家・高野文子さんが全面的に企画・監修を担当され、書籍のカバーデザインや帯文まで手がけられた、愛に満ちた一冊です。70年代後半にたった3冊の単行本が刊行されたきり、長らく陽の目を見ることのなかった千明(ちぎら)さんの少女漫画は、学童期や思春期を迎えた少年少女たちの繊細で多感な心の交流と成長を生き生きと描いたもので、収められた5編はいずれも名作揃い。高野さんが『黄色い本』を書き上げたあと、自身の作品にその影響が色濃く反映されていることを自覚されたという「お二階は診察室」は、昭和30年代、まだ自宅で出産する人の多かった時代の助産婦さんの娘を主人公に据えた作品で、細かい描写やさりげない会話の中に往時の暮らしぶりがうかがい知れる貴重な一編。当時を知る人には懐かしく、若い世代には新鮮な輝きを見せる可愛らしい一冊です。

f:id:keibunshabooks:20170127214512j:plain

ご購入のお客様には、ポストカード特典と、千明作品のディテールへの偏愛ぶりを自ら描いた高野文子さんのメッセージペーパー特典をお付けします。数に限りがございますので、気になる方はお早めにぜひ。

 

f:id:keibunshabooks:20170127211604j:plain

ロンドン在住のイラストレーター、Emily Randの作品集『In The Garden』も今週届いた楽しい一冊。描かれたイラストの線に沿ってページの上部がカットされた冊子状の作品で、ページを開くごとに種類の異なる木々が立ち並ぶ庭をずんずんと先へ歩くような奥行きを感じ取れる仕掛け。紙メディアならではの遊び心が詰まっています。開いた状態で置けば、可愛らしいオブジェにも様変わり。ふわふわと庭を漂う赤い羽根を追いかけて行き着いた先には?ぜひページを開いて確かめてみてください。

 

f:id:keibunshabooks:20170127211853j:plain

都市空間における人々の記憶を書籍としてまとめアーカイブしていくことを目的としたTOO MUCH Magazineの新しいブックシリーズ「Romantic Geographic Archive」。シリーズ第1弾は、アメリカ・ロサンゼルス在住のフォトグラファー、エイミー・スー(Ami Sioux)の『AMI SIOUX TOKYO 35ºN』。東京に住む生活者50人にそれぞれの大切な場所を手描きの地図で表現してもらい、その地図を頼りに都市を歩き、ひとつひとつの場所を訪れカメラに収めたコンセプチュアルな写真集です。誰かの記憶を経由することで見知った風景もこれまでと異なった表情を見せることの不可思議さ。何より、写真とともに掲載された手書きの地図に表れた個々人の差異そのものが、街と人の関係の多様性を示唆するユニークなものばかり。カバンに入れて持ち歩き、他者の描いた線を辿る旅もきっと楽しいものでしょう。

 

f:id:keibunshabooks:20170127211740j:plain

最後にご紹介するのはこちら。陶器やファブリック、版画などを制作する福岡県在住のアーティスト、鹿児島睦さんが手がけたお皿と、10人の料理家たちが作るおやつの幸福な出会いを収めた写真絵本『なにのせる?』。カラフルで可愛らしい動植物が生き生きと描かれたお皿に乗ったプリンやクッキー、ケーキや果物、ドーナッツやカステラ、おはぎやおにぎりの美味しそうなこと!おやつを準備したのは、内田真美さん、いがらしろみさん、桑原奈津子さん、なかしましほさん、たかはしよしこさんなど、当店でもおなじみの人気の料理家ばかり。それぞれのレシピも巻末にて紹介されています。お気に入りの陶器を見つけたときの胸の躍るようなわくわくが思い出される素敵な絵本です。

 

その他、長崎訓子さん責任編集の漫画特集が保存版になりそうな『飛ぶ教室48号』、映画に登場する印象的な食のシーンを羅列したチープな魅力が満載の『Cooking with Scorsese』シリーズ2タイトル、これまでにも様々な文芸作品を漫画表現に落とし込んできた近藤ようこさんによる夏目漱石原作の『夢十夜』、全国の書店員や本屋好きの方々には待望の2冊、大井実さん『ローカルブックストアである 福岡ブックスキューブリック』と、荻窪の本屋・Titleの辻山良雄さん『本屋、はじめました』なども入荷しています。

それでは、また来週をお楽しみに。

 

《今回紹介した本》
『ちひろのお城 千明初美作品集』復刊ドットコム

http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000020777/

『In The Garden』Emily Rand/Hato Press

http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000020744/

『AMI SIOUX TOKYO 35ºN』TOO MUCH Magazine

http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000020775/

『なにのせる?』鹿児島睦/文化出版局

http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000020776/

 

(涌上)