恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

トナカイ 写真と詩の展示『五月の虹』

ギャラリーアンフェールでは現在、トナカイさんによる写真と詩の展示『五月の虹』を開催中です。

f:id:keibunshabooks:20191011204856j:plain

最初に拝見したトナカイさんの写真集「五月の虹」がとてもあたたかくて優しかったので、展示紹介のためのコメントが届いた時、序文でとても違和感を覚えてしまいました。「生きることは地獄です」そう言い切るトナカイさんの言葉に驚いてしまったのですが、最後まで読んで、これはなんて優しい言葉なんだろうと、違う驚きに変わりました。

f:id:keibunshabooks:20191011212919j:plain

この地、この時に生まれて、生きていくことは何かと大変だけれど、ただ生きて道端に咲く小さな草花が見せてくれる美しさと同じように、「大丈夫、あなたは美しい」と語りかけてくれる写真と言葉。

f:id:keibunshabooks:20191011213009j:plain

f:id:keibunshabooks:20191011204832j:plain

生きるための営み、まっすぐに捧げる祈り、通りすがりの光景、愛する人…

 

はじめてお会いしたトナカイさんは、想像していたより大きくて、少しゆっくりとした時間を纏った穏やかで柔らかい雰囲気の方でした。生きることへの絶望感、地獄の中で、ほんのささやかな美しさを見つける目を持つ人。

f:id:keibunshabooks:20191011212832j:plain

何も言わずただ私達の目の前に現れて、何も言わず消えてしまう七色の奇跡のように、金色に包まれる日だまりのように、そっと頬をなでてくれる風のように、ふとした瞬間ふいに心に届くささやかなやさしさ、美しさを、写真という形にして教えてくれる。生きてたらいいこともあるもんだと、とても素直にそんなふうに思えました。

f:id:keibunshabooks:20191011213104j:plain

連日、とてもたくさんの方にご来場いただいています。誰かと一緒ににこやかに過ごす人もいれば、一つ一つの作品とじっくり向き合う人、さらりとみていく人、涙を流す人…ギャラリーの中をいろんな気持ちが行き交ってなんだかとてもドラマチックで、私はその様子になんだかじんわりと胸があたたかくなりました。トナカイさんの展示の意味を、何より訪れる人たちの顔が教えてくれるよう。

f:id:keibunshabooks:20191011212805j:plain

一人でもたくさんの人に、通り過ぎてもらいたい場所になりました。ご来場をこころよりお待ちしております。


トナカイ 写真と詩の展示『五月の虹』
開催期間:2019年10月8日(火)-10月14日(月祝)
開催時間:10:00-21:00(最終日は16:00まで)
開催場所:ギャラリーアンフェール

f:id:keibunshabooks:20191011213337j:plain

生きることは地獄です。それはもうずっと、僕の変わらない感覚です。どうしてこんなにも、ただそこにいることが許されないような感覚を、僕たちは持ち続けなくてはならないのでしょうか。努力とは生命の必要最低条件なんでしょうか。そんなはずはない。草花がただそれだけで美しいように、僕たちは生きているだけで美しいということを、繰り返し伝えなければいけないと、僕は思っています。僕が写真を撮る理由はそこに集結していて、撮るということが「あなたは美しい」という事実になって永遠に記録されればいいと願っているから、ただそれだけです。展示をする理由は、僕のその願いをかたちにして、見せたいと思うからです。必要のない人には、まったく必要のない展示です。しかし、必要なひとには伝わってほしい。あなたは大丈夫なんだと、魂に届く写真で、言葉で、伝えたい。

作者:トナカイ なぜトナカイという名まえなのか、よく尋ねられるのでお答えします。むかしむかしmixiというサービスを使うにあたり、何か動物の名まえをつかおうと思いたち、皆がよく名乗るくまや猫のような動物ではなく、それなりに珍しく、しかし誰もが知っていて、悪い印象を持っていない、そんな動物を考えていて、ふと、トナカイが浮かび、それをスクリーンネームにしたのがきっかけです。僕は、実在する、現実を生きる会社員です。東京を歩いています。写真を撮り、詩を書いています。(twitter:tonakai)

 

(上田)

「フォルクローレ 大地の歌声─ラテン・アメリカ文学を辿る」フェア

f:id:keibunshabooks:20191008204158j:plainf:id:keibunshabooks:20191008204114j:plain

 

書籍フロアでは、今夏リリースされた音楽アルバム Silvia Iriondo & Juan Falú『ANTIGUO REZO』のリリースを記念したフェア「フォルクローレ 大地の歌声─ラテン・アメリカ文学から辿る」を開催中です。

多民族による最古層の時代の民謡からスペイン入植以降の楽器やリズム、ジャズやクラシックの要素など、様々な文脈と色彩が混じりあいながら現代にまで伝えられるアルゼンチン・フォルクローレの世界。前作『TIERRA SIN MAL』では先住民族「グアラニー族」に古くから伝わる楽園信仰をテーマにするなど、自覚的に民俗学的なアプローチを繰り返してきた歌い手であるシルビア・イリオンドが、アルゼンチンを代表するギタリストであるフアン・ファルーを迎え作り上げた新作は、「古代の祈り」というそのタイトルの通り、古来より土地と人とのあいだに織りなされてきた風景の豊かさを歌い、その時間の流れを遡求しながら、繰り返された希望や喪失、愛や悲愴を現代に鳴り響かせます。

 

f:id:keibunshabooks:20191008203822j:plain

 

前作に続き、彼女の作品をリリースするのは、多様な音楽のエレメントを融合させた、スタティックで先鋭的な世界を提示する国内レーベル〈SPIRAL RECORDS(スパイラルレコーズ)〉。リリースこそ頻繁ではないものの、リリース作品のプロデュースやセレクトはもちろん、ジャケットやパッケージングなど一作一作丁寧に吟味を重ね制作されていることがうかがえるそのプロダクトワークからは、ECMのような格調と美意識が感じられます。

今回のフェアでは、SPIRAL RECORDSよりリリースされてきたこれまでの諸作に加え、SPIRAL RECORDSと当店が南米文化の多彩と深遠を感じさせるラテン・アメリカ文学をそれぞれにセレクト。ボルヘスやオクタビオオ・パス、フアン・ルルフォ、パブロ・ネルーダ、セサル・バジェホ、ホセ・ドノソ、フアン・ホセ・サエールなど、民謡や伝統音楽の世界を継承し鳴らされ続けてきたフォルクローレと同じように、豊かな民話的土壌と苛烈な歴史的変節をたどってきたこの地から生み出されてきた、幻想的で特異な物語世界をご紹介しています。

 

f:id:keibunshabooks:20191008203845j:plain

 

また、これまでにもSPIRAL RECORDS の諸作をいち早く紹介してきた、世界の音楽情報誌『ラティーナ』の各掲載号も今回合わせて展開しています。『ANTIGUO REZO』リリースと同時期に発売された今年9月号では「フォルクローレを辿る」と題して、シルビア・イリオンドによる「フォルクローレ」解説ともなる詩的なテキストや、現代アルゼンチンの重要な音楽家たちが選ぶフォルクローレの名盤などを掲載。豊穣で奥深いアルゼンチン・フォルクローレの世界への扉として、ぜひ今作と合わせて手に取っていただければ幸いです。

 

f:id:keibunshabooks:20191008203842j:plain

 

また今回のフェア期間中、店頭ではオリジナルの紙製ブックカバーと栞をご希望の方全員にプレゼント。ご購入の有無に限らず、レジにてお声がけいただきますとお渡しいたしますのでお気軽にぜひ。

 

f:id:keibunshabooks:20191008203855j:plain

 

またテーブルでは、SPIRAL RECORDS の Soundcloud を通じて、フェア展開中の諸作をご自由に試聴していただけます。ご来店の際は、ジャケットを手に取り、実際にその音世界にも耳を傾けてみていただければ幸いです。

 

 

f:id:keibunshabooks:20191008203849j:plain

 

 

Silvia Iriondo & Fuan Falú(SPIRAL RECORDS)発売記念

「フォルクローレ 大地の歌声─ラテン・アメリカ文学を辿る」フェア

2019年9月14日 - 10月13日

恵文社一乗寺店 書籍フロアにて

 

 

■『ANTIGUO REZO』Silvia Iriondo & Fuan Falú(SPIRAL RECORDS)

www.keibunsha-books.com

 

 

(テキスト / 涌上 : 撮影 / 韓)

 

 

 

 

affordance 革カバン・革小物 展 vol.3

f:id:keibunshabooks:20191005201428j:plain

2017年に初めてギャラリーアンフェールで展示をしていただき、今回当店では三度目のご紹介となるaffordanceさん。常に使いやすさを追求しながら、永く愛用したくなるシンプルでどこか愛嬌のある革鞄や革小物を製作されています。

f:id:keibunshabooks:20191005201521j:plain

f:id:keibunshabooks:20191005201546j:plain

このたび拠点を神奈川から地元・福岡県福津市に移転され、新たな出発点に立たれたaffordanceさん。ブログを拝見すると、工房の近くに海があって、なんとも心地よさそうな場所。年明け頃には新しくファクトリーショップもオープン予定とのこと!新しい場所で、きっとこれからもどんどん新しい風が吹き込んでいくんだろうなとうれしくなりました。(上記画像はaffordanceブログより拝借しております)

f:id:keibunshabooks:20191005201650j:plain

厚み、ハリがあって丈夫ながら、柔らかくしなやかな手触りのオリジナル牛革を使って作られる革製品は、どれも革の質感を堪能しながら気負わずに永く愛用したくなる機能性の高いものが揃います。豊富なカラーも好評。定番のベージュにブラウン、シックな印象のグレイのほか、カラフルな朱色やブルーグリーンもあって選ぶのが楽しい。

f:id:keibunshabooks:20191005201708j:plain

こちらは経年サンプル。使い込むほどに、深く美しい色合い、手に馴染む柔らかい質感に変化していきます。変化の仕方は使う人によってさまざま。唯一無二の表情を見せてくれます。

f:id:keibunshabooks:20191005201727j:plain

毎回見ればつい笑顔になる定番の小銭入れ「mushi」。顔のようなデザインが可愛らしい。

f:id:keibunshabooks:20191005201755j:plain

こちらは「ドローイング・2wayトートバッグ」。普段のお出かけや通勤にちょうどよいSサイズと、荷物が多めの方におすすめのMサイズ。経年サンプルの風合いに一目ぼれして、私も愛用三年目。サンプルの風合いにはまだ及びませんが、マイペースに一緒に成長しているような感覚で持ち歩いています。

f:id:keibunshabooks:20191005201828j:plain

「ドローイング・リュック」もすっきりとしたシルエットがとてもかっこよいのです。

f:id:keibunshabooks:20191005201907j:plain

f:id:keibunshabooks:20191005201921j:plain

定番の鞄やお財布に加えて、今回の展示に向けて新作もたくさんご用意いただきました。キャッシュレスの流れを受けて新しく考案された小さめのお財布「tongue」。ペロッと舌を出したような可愛らしいデザイン。かさばらず、コンパクトなのに、開くと蛇腹になっていてカードもお札も小銭もちゃんと収納できます。

f:id:keibunshabooks:20191005202025j:plain

f:id:keibunshabooks:20191005202040j:plain

こちらは変わって、パスポートも入る大きめサイズの長財布。蛇腹になっているので、中も見やすく、いろんなポケットがあるのがうれしい。たっぷり入るのに、かさばりにくいデザインです。留め口のステッチも可愛らしい。

f:id:keibunshabooks:20191005202123j:plain

こちらは四角いポシェット。先日お仕事で依頼を受けて、かっちりぴったり無線機が納まる四角い革箱を製作され、そこからのイメージでつくられたそうです。どこか仕事道具のようなシルエットがかっこよく、コーディネートをぐっと引き締めてくれるアイテムです。

f:id:keibunshabooks:20191005202148j:plain

いつもは牛革を使用されていますが、今回の入荷でひとつだけ、このスリッパは鹿革でつくられました。ふわふわ弾力のある柔らかい質感がとても心地よい。同じ形でも革によって雰囲気も変わっておもしろいですね。

f:id:keibunshabooks:20191005202206j:plain

こだわりアウトドア派の方にうれしい、ガス缶ケース。


最初の展示の時にaffordanceさんとお話をしていて、その人柄や製作に対する気持ち、そしてその手で生まれた商品の優しくてどこか飄々とした佇まいに魅了されて、使い始めた鞄やお財布。

f:id:keibunshabooks:20191005202258j:plain

使うほどに手に馴染んでやわらかい艶が出てきて、いつぞやうっかりつけてしまった傷もいつの間にかいい風合いになったり。時々オイルやワックスを塗り込んでお手入れする時間もとても幸せなひととき。寄り添って共に成長してくれる友達に出会えたようなとてもうれしい気持ちを味わいました。

f:id:keibunshabooks:20191005202327j:plain

シンプルに革の風合いが楽しめて、気負わず使いたくなる素敵な品を今回もたくさんご用意くださいました。一部を除きオーダー製作も可能です。永く一緒に過ごしていきたいお気に入りと出会っていただけますように。ご来場をこころよりお待ちしております。


affordance 革カバン・革小物 展 vol.3
開催期間:2019年9月28日(土)-10月11日(金)
開催時間:10:00-21:00(最終日は16:00まで)
開催場所:生活館ミニギャラリー

f:id:keibunshabooks:20191005200714j:plain

恵文社一乗寺店さんでの展示も今年で3回目となりました!
昨年に続き、定番品のほか今年も新作発表いたします。

tongue(コンパクト財布)
手の平サイズでも、広く見渡せて取り出しやすいミニ財布。
キャッシャレスの流れから今年作った新作財布です。
おかげさまでご好評頂いております。
是非この機会にご覧くださいませ。

長財布
パスポートも収納可能な容量がある長財布です。
こちらは今展示で初お披露目となります。

その他、今回は定番品に加えハギレで作った1点物のアイテムも展示いたします。

 

(上田)

「いきもののようなもの IKIMONO NO YOUNAMONO No.01ー300」reiko matsuno

f:id:keibunshabooks:20191004231858j:plain

ギャラリーアンフェールでは、イラストレーター reiko matsunoさんによる個展「いきもののようなもの IKIMONO NO YOUNAMONO No.01ー300」を開催中。連日たくさんの方にご来場いただいています。

f:id:keibunshabooks:20191004231919j:plain

matsuno reikoさんは、当店でも配布しているフリーペーパー「原始」を発行されているので、ご存知の方、見覚えのある方もいらっしゃると思います。A3サイズ一面に描かれた毎号色とりどりのイラストが楽しめる人気のフリーペーパーで、いつも早々に配布終了していますが、今回はなんとバックナンバーも販売!もらい損ねた号がある方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

f:id:keibunshabooks:20191004232027j:plain

今回の個展では、そのmatsunoさんが2018年10月14日から一日一つずつ、その日の気分で思うままに描かれた、ふしぎな“いきもののようなもの”のイラスト原画が300点、賑々しくギャラリーにやってきました。

f:id:keibunshabooks:20191004232055j:plain

f:id:keibunshabooks:20191004232110j:plain

毎日、その日の直感にまかせて思うまま、matsunoさんの意識と無意識の間から、紙の上に出現した色も形もいろいろなふしぎなもの。その瞬間にmatsunoさんの頭に浮かんだ形を成すか成さなかったものが、紙の上に立ち現われて存在を得て、壁一面に並ぶ姿がなんだかとてもうれしそうだったり、はずかしそうだったり・・・印象は出会った人によってさまざま。入口に掲げられた“みんなそれぞれ「全ては完璧で、全ては不完全」”というmatsunoさんのメッセージからは、なんだか深い眠りにどっぷり浸かっていく心地よさや不安というか、とてもとても大きなものを感じます。

f:id:keibunshabooks:20191004232311j:plain

それぞれに名前はないけれど、小さな特徴が添えられていて、そこから動きや声をイメージしながらいつまでも眺めていられます。原画は全て販売されており、その日のうちに連れて帰っていただけます。

f:id:keibunshabooks:20191004232334j:plain

f:id:keibunshabooks:20191004232343j:plain

いきもののようなものたちの、マグネットや陶器などグッズも人気。

f:id:keibunshabooks:20191004232436j:plain

こちらは作品集。今回展示されている01-300番のいきもののようなものが収められました。図鑑みたいで楽しい一冊。


会期中は毎日matsunoさんも在廊されていて、公開制作もされています。壁に並ぶいきもののようなものを生み出した肝っ玉母さん、楽しくてパワフルなmatsunoさんと、ご来場の際はぜひおしゃべりもお楽しみください。

f:id:keibunshabooks:20191004232830j:plain

f:id:keibunshabooks:20191004232840j:plain

いつも眺めていると、なんだかしゃべりかけられているような気がしたり、時折目が合ったような気がしたり、やけに気になるものがあったり・・・ぐにゃぐにゃと今にも動き出しそうに賑やか。本当にいたらちょっとびっくりするかもしれないけれど、ちょっと会ってみたい気もする、いきもののようなものの大行列、ぜひじっくりお楽しみください。ご来場をこころよりお待ちしております。

 

「いきもののようなもの IKIMONO NO YOUNAMONO No.01ー300」reiko matsuno
開催期間:2019年10月1日(火)-10月7日(月)
開催時間:10:00-21:00(最終日は16:00まで)
開催場所:ギャラリーアンフェール

f:id:keibunshabooks:20191004233047j:plain

2018年10月14日から一日一つ、いるような…いないような…いきもののようなものをInstagramに載せています。(@ikimonono_younamono)今回はそのいきもののようなものNo.1-No.300までの原画を全て展示いたします。みなさまのお越しをお待ちしております。

〔profile〕
reiko matsuno
香川県在住。イラストレーター。京都芸術短期大学卒業。デザイン会社や印刷会社での勤務を経て現在は保育所で子どもたちと一緒に絵を楽しむ毎日。
https://reikomatsuno.jimdo.com

 

(上田)

2019年9月書店売上ランキング

2019年9月の書籍売上ランキングをご紹介します。

 

----------------------------------------------------------------------

1位『高野文子「私」のバラけ方』高野文子 大竹昭子(カタリココ文庫)

2位『石の辞典』矢作ちはる 内田有美(雷鳥社)

3位『Catnappers 猫文学漫画集』長崎訓子(ナナロク社) 

4位『京都のいいとこ。』大橋知沙(朝日新聞出版)

5位『たぷの里』藤岡拓太郎(ナナロク社)

6位『Spectator vol.44 ヒッピーの教科書』(エディトリアル・デパートメント)

7位『バームクーヘンでわたしは眠った』柳木々々 安福望(春陽堂書店)

8位『602号室、木の見える部屋』スケラッコ

9位『ニュージーランドではしゃぐ。』はしゃ

10位『岩田さん岩田聡はこんなことを話していた』岩田聡(ほぼ日)

 ----------------------------------------------------------------------

 

f:id:keibunshabooks:20191002182030j:plain

1位は、『高野文子「私」のバラけ方』です。表紙のふたり、みなさんにも馴染みがあることでしょう。文筆家・大竹昭子さんがホストとなってゲストとトークする朗読イベントから生まれたシリーズ「カタリココ文庫」より。2015年に「ポポタム」で開催されたお二人のトークイベントを再構成した一冊です。『黄色い本』から、10年以上の時を経て刊行された『ドミトリーともきんす』への大転換、漫画を描く上でのあれこれ。高野文子の「最近」を伝える2019年のオフトークも収録しています。

www.keibunsha-books.com

 

f:id:keibunshabooks:20191002182045j:plain

2位は、生活館ミニギャラリーで内田有美さんの原画展を開催した『石の辞典』です。展示に際して、内田さんが制作された「鉱石のハンカチ」も在庫僅かですが、ご用意ございます。

www.keibunsha-books.com

 

f:id:keibunshabooks:20191002182102j:plain

 

3位は、長崎訓子さんの『Catnappers猫文学漫画集』。ヴォネガット、ブラッドベリ、庄司薫、北山耕平などなど、これまでにも数多くの本を彩ってきた彼女が描く、文学漫画作品集第三弾のテーマは「猫」です。ルナール、サキ、更級日記から芥川、赤川次郎、筒井康隆。古今東西の猫文学を、彼女の感性で切り取り、コミカライズした一冊。

www.keibunsha-books.com

 

9/29(日)には、刊行を記念してペット似顔絵会「あなたの猫、描きます」と、トーク&サイン会を開催しました。そちらの様子のレビューはこちらからどうぞ。

www.facebook.com

 

f:id:keibunshabooks:20191002182123j:plain

4位は、大橋知沙さんの京都歩き案内本『京都のいいとこ』。この数年、移り変わりの激しい京都ですが、おそらく何年か後に読んでも面白い一冊です。人気につき、品薄でしたが追加が入荷しています。

www.keibunsha-books.com

 

f:id:keibunshabooks:20191002182136j:plain

5位は、ギャグ漫画家・藤岡拓太郎さんの絵本『たぷの里』です。7月発売ですが、累計で100冊以上手にとっていただいております。お相撲絵本に季節が関係あるかわかりませんが、これからの時期にもぜひ。

www.keibunsha-books.com

 

f:id:keibunshabooks:20191002182145j:plain

6位は、雑誌『Spectator』のヒッピー特集。最近、久しぶりに会った人の誰とも「タランティーノ見た?」から会話が始まるような気がします。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の前後にぜひ。今後、出町座さんでも上映があるようです。

www.keibunsha-books.com

 

7位は、詩人/川柳作家の柳本々々さんとイラストレーターの安福望さんによる新しい本『バームクーヘンでわたしは眠った』。以前当店でも人気だった、一風変わった会話辞典『きょうごめん行けないんだ』のタッグ再び。日々詠まれる句と綴られる文章。これは何だと言われれば、あたらしい形の日記です。

 

f:id:keibunshabooks:20191002182158j:plain

8位は、漫画家・スケラッコさんの自費出版コミック『602号室、木の見える部屋』。なんと全編フルカラーでこのお値段。暮らしや部屋についての情報を提供するオンラインマガジンでの連載をまとめた一冊で、団地の一室に引っ越し、新たな生活を始める新婚の夫婦を描きます。間取り、ソファ、観葉植物。引越しをするひと、新たな暮らしが待っている人におすすめです。

www.keibunsha-books.com

 

f:id:keibunshabooks:20191002182211j:plain

9位は、コミティア129にて発行されたはしゃさんの新刊『ニュージーランドではしゃぐ』です。10カ月におよぶニュージーランドでの生活の様子を描いた滞在記。同人誌やコミックにめっぽう強かった当店の姉妹店バンビオ店からの逆輸入コミック。バンビオ店はオンラインショップのみ、引き続き稼働しておりますので、ご興味がある方はこちらから。

www.keibunsha-bambio.com

 

f:id:keibunshabooks:20191002182220j:plain

10位は、元任天堂社長の岩田聡さんのことばをまとめた『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた』です。ゲームという文化もこの数十年で大きく変わりました。ゲームの表現の幅はとても深い。

www.keibunsha-books.com

 

いかがでしょうか。今月は以上です。また来月もお楽しみに。

 

(鎌田)

「RETRO PRINT MUSEUM」京都精華大学 授業成果発表展

ギャラリーアンフェールでは、京都精華大学デザイン学部グラフィックコース2年生の学生さんによる授業成果展を開催中です。手仕事による印刷から生まれる風合いを大切にしたデザインを学ぶ授業の成果発表。学生さんそれぞれの楽しい発想で生まれたいろんな印刷作品が並びます。

f:id:keibunshabooks:20190927184444j:plain

f:id:keibunshabooks:20190927184441j:plain

こちらは「ニューテヌグイ」。これまで手ぬぐいにはならなかったような意外な組み合わせの二つのモチーフを選んでデザインするという課題でつくられたシルクスクリーン印刷の手ぬぐいです。

f:id:keibunshabooks:20190927184420j:plain

f:id:keibunshabooks:20190927184446j:plain

柿と牡蠣、大福とWi-Fiなど…なんでこの二つの組み合わせなんだろう?と隠れた洒落を考えてみるのもとても楽しい手ぬぐいが並びます。手ぬぐいにつけられたピンク色のタグには学生さんがデザインした「ニューテヌグイ」のロゴマークも。

f:id:keibunshabooks:20190927184427j:plain

こちらはガリ版印刷でデザインされた葉っぱと、エンボス加工でつくられた文字の額装作品。

f:id:keibunshabooks:20190927184430j:plain

ガリ版で表現される葉っぱの葉脈は愛らしく、ポストカードサイズの紙の中に思い思いにデザインされています。

f:id:keibunshabooks:20190927184433j:plain

針金で形を作って紙にプレスするエンボス加工。こちらは絵文字だそうで、針金を曲げて一筆書きでデザインされた楽しい文字が並びます。なんの文字がぜひ当ててみてください。

f:id:keibunshabooks:20190927184438j:plain

こちらは「ワンダーKYOTO」。学生さんたちそれぞれが、GW中に巡ったガイドブックには載らない京都の穴場を絵日記のように記事にして、一頁ずつガリ版で印刷された冊子です。

f:id:keibunshabooks:20190927184436j:plain

ページいっぱいに並ぶ文字も、細かい挿絵も全て手で削って版をつくられているので、みんな手が痛くなったそう!そんな苦労もあってか、どのページも見応えたっぷりに楽しませてくれます。パソコン文字とは違う柔らかい風合いで、読みすすめるのが楽しくなります。


会場には毎日学生さんが交代で在廊してくれています。そして在廊中はガリ版缶バッチワークショップも開催!

f:id:keibunshabooks:20190927184409j:plain

f:id:keibunshabooks:20190927184414j:plain

学生さんが丁寧に手助けしてくれて、私も挑戦してみました。蝋引きの紙をガリガリ削って絵を描いてインクをのせて、印刷された様子を見た時はなんだかえらく感動してしまいました。缶バッチはお土産にひとつお持ち帰りいただけます。ぜひ皆さんも体験してみてください。


プリンターでなんでもすぐに印刷できるのもとても便利だけれど、手間隙かけて手仕事でつくられる印刷は、眺めているとなんだかホッとしました。学生さんそれぞれのユーモアたっぷり、思い思いに制作された作品が並ぶ、楽しい展示になりました。ぜひお立寄りください。ご来場をこころよりお待ちしております。

 

「RETRO PRINT MUSEUM」
京都精華大学デザイン学部グラフィックコース2年生による
授業成果発表展
開催期間:2019年9月24日(火)-9月30日(月)
開催時間:10:00-21:00(最終日は16:00まで)
開催場所:ギャラリーアンフェール

f:id:keibunshabooks:20190927184222j:plain

手仕事による印刷から生まれる風合いを大切にしている授業です。この展示では、ガリ版で作られた本、シルクスクリーンで刷られた手ぬぐいなどを展示します。

「ワンダーKYOTO」
誰も知らないもう一つの京都を紹介するガリ版で刷られた本。

「ニューテヌグイ」
二つのモチーフを組み合わせて作られた今までなかった新しい手ぬぐい。

ご高覧いただけましたら幸いです。

<会期中にはガリ版缶バッチワークショップを開催>
ご希望の方から随時ご案内差し上げます。
※体験料無料、在廊時間のみの受付となります。

 

(上田)

まんまる◯「紙と本をたのしむ秋」フェア ②

京都もここ数日でずいぶんと秋らしくなりました。ギャラリーアンフェール店内では、静かな秋の夜長、ゆったりと過ごす時間の傍らにちょうどよい活版印刷のものを揃えたフェアを開催中です。

f:id:keibunshabooks:20190917233104j:plain

東京・荒川区に工房を構え、ご夫婦で活版デザインのものづくりをされているまんまる◯さん。まんまる◯さんはオリジナル商品の他にも、さまざまな作家さんとのコラボレーションで紙雑貨や本もたくさん制作、出版されています。今回当店では初めてのご紹介となる作家さんも多く、新しい出会いがとても新鮮!賑やかなフェアになりました。

f:id:keibunshabooks:20190921190703j:plain

こちらは、坂本ヒメミさん。繊細な線で外国の古い本の挿絵のような美しい絵を描かれています。今回のフェアでお披露目となる2020年カレンダー「活版印刷術による数字絵暦」。ポストカードサイズなので、額に入れたり、本に挟んだり…お気に召すまま一年を通して楽しめます。眺めるほどにうっとりする美しい構図でつくられた1から12の数字絵がデザインされ、活版印刷の手技を堪能できる逸品。一緒に展示されたまばゆい黄金色の板は、印刷に使われた版。思っていたよりも軽くて薄くて驚きました。

f:id:keibunshabooks:20190921190723j:plain

f:id:keibunshabooks:20190921190744j:plain

昨年11月に開催された初個展「Otherworldly」の図版集も販売。この個展で展示されていたという鏡の作品も今回特別にご用意いただきました。鏡越しに一緒に写真を撮って遊べます。ぜひお楽しみください。
(坂本ヒメミさんの各画集は恵文社バンビオ店オンラインショップでもご購入いただけます。)

f:id:keibunshabooks:20190921190905j:plain

イラストレーターたじまなおとさんは、可愛らしくて楽しくてユーモア溢れるイラストが魅力。今回は、2020年カレンダーをご用意いただきました。「コーヒーのあるくらし」をテーマに、いろんなシーンでほっと気持ちをほぐしてくれるひととき、思わず笑みがこぼれるような楽しいイラストが月々に添えられています。コーヒー好きな人にぴったりのカレンダー。コースター(もちろん活版印刷)のおまけ付き!

f:id:keibunshabooks:20190921190924j:plain

こちらは活版印刷ポスター。原画も一緒に展示しています。ぜひ合わせてご覧ください。

f:id:keibunshabooks:20190921190948j:plain

造本が楽しい、画集「たのしいくらし」も好評です。カレンダーのイラストも収録されています。

f:id:keibunshabooks:20190921191002j:plain

イラストレーターももろさんからは「ももろ ペーパーワールド」2種が届きました。表情豊かな動物たちが紙の上をころころころがるような可愛らしいイラストが50点、一頁ずつ収録されています。画集として楽しむのはもちろん、一枚ずつ切り離すこともできるので、お手紙にしたり何かを包んだり、どれを使おうか、どうやって使おうか考えるのも楽しい一冊です。

f:id:keibunshabooks:20190921191017j:plain

Naffyさんは、幻想的な世界を描いた文字のない絵本を出品いただきました。優しくて、淋しくて、頁をめくるたびにぽっぽっとあたたかい灯がともるとてもすてきな物語。文字のない静かな佇まいがより惹き立つ美しい造本、函からとり出して本を開くひと手間が、物語の世界へ誘ってくれる儀式のよう。一頁一頁じっくり味わいたい絵本です。

f:id:keibunshabooks:20190921191050j:plain

f:id:keibunshabooks:20190921191038j:plain

山田ユギさんは、働く男図鑑と題した活版印刷カードの数々。みんな格好良くてついにやにや…選ぶのが大変!それぞれ吹き出しがついていて、優しい言葉を添えるのもよし、檄を飛ばすのもよし、どんなメッセージを贈ろうか考えるのも楽しい。しっかりメッセージを伝えてくれそうな頼もしいカードです。

f:id:keibunshabooks:20190921191111j:plain

f:id:keibunshabooks:20190921191120j:plain

こちらは「12カ月のティータイム」カレンダー。おおでゆかこさんの動物たちの可愛くてカラフルなイラストと、メリリルさんの季節に合わせた美味しそうなティータイムレシピがひと月ごとに収録されています。「ミモザみたいなオレンジサイダー」「春の終わりのいちごミルク」「夏休みのスイカジュース」「ふんわりナッツミルクティー」楽しいレシピが並びます。こちらは2019年カレンダーですが、イラストレシピ本としてぜひ長くお手元で楽しんでいただきたい一冊です。ティータイムに大活躍してくれる活版コースター付!

f:id:keibunshabooks:20190921191148j:plain

こちらはイラストレーター井田千秋さんのカレンダー。以前当店でもイラスト集を販売させていただき大好評だった井田さん。三ヶ月毎それぞれに活版印刷のカードが添えられています。活版印刷の風合いと、優しい雰囲気のイラストがぴったりで、作品の世界観がいっそう惹きたちます。 今年のカレンダーですが、来年3月までまだまだお楽しみいただけます。


作家さんとまんまる◯さんがこだわりぬいて拵えられた、ものづくりの粋が一堂に会しました。どうぞたんとご堪能ください。ご来場をこころよりお待ちしております。

(銀河鉄道の夜をモチーフにしたカードブック等、まんまる◯オリジナル商品のご紹介はこちら

 

まんまる◯「紙と本をたのしむ秋」フェア
開催期間:2019年9月16日(月)-30日(月)
開催場所:ギャラリーアンフェール店内

f:id:keibunshabooks:20190917232554j:plain

f:id:keibunshabooks:20190917232556j:plain

 

(上田)