恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

書店内展示のご案内:写真集『Swimming Pool』パネル展

書店内展示のご案内。

f:id:keibunshabooks:20181215194004j:plain

スロヴァキアの女性写真家、マーリア・シュヴァルボヴァーの写真集『Swimming Pool』国内版が発売されました。スロヴァキア国内の10の水泳施設で撮影されたこちらの作品集。絵画のような、水彩パステルの色彩。未来を思わせる被写体、直線的な建築。不思議な世界、異質な空間。どこか未来的で、懐かしい。

 

f:id:keibunshabooks:20181215194107j:plain

撮影の舞台となったいずれの水泳施設もスロヴァキアの社会主義時代の機能主義建築とよばれる無機質な建物です。直線的なタイルやプールを背景、キャンバスとして、配置された人物との間に生まれる微妙なバランス。彼女の写真が未来的な要素を持ちながら、シュルレアリスムの気配を感じさせる理由はここにあります。(改めて眺めていると、競泳水着、水泳帽という出で立ちもSF的。)

 

f:id:keibunshabooks:20181215194223j:plain

 

f:id:keibunshabooks:20181215194126j:plain

子供の頃、親に連れて行かれた屋内プールは、初めて体験した身近な異世界でした。やけに反響する声が天井から聞こえるようで、緊張したのをよく覚えています。彼女はスロヴァキア人で、こちらは日本人。もちろん原体験が重なるわけもないのですが、プールという無機質な空間は等しく特別な郷愁を与えるように思えます。

 

f:id:keibunshabooks:20181215194204j:plain

 

f:id:keibunshabooks:20181215194144j:plain

1988年生まれの彼女は、チェコスロヴァキアの共産党支配を実際に体験していません。それでも身の回りを取り巻くようにその名残を感じながら育った彼女は、生れ育った国を表現する方法として、当時の建築にフォーカスをあてました。

 

色々と書きましたが、この写真集を目の前にして、得られる感情が全てです。海外の写真集が国内版として発売される機会はそう多くありませんし、新しい写真家であればなおさらです。奥深くもキャッチーな一冊。普段、写真集を買う習慣が無いという方にこそ手にとっていただければと願っております。書店奥、暖炉上の壁面にて『Swimming Pool』のパネル展を年末まで開催中です。真冬にプールの写真集、いかがでしょうか。

 

写真集『Swimming Pool』パネル展  ー2018年12月31日まで

www.keibunsha-books.com

『Swimming Pool』

著者:マーリア・シュヴァルボヴァー

発行:青幻舎 ¥3800(税抜)

(鎌田)

Glass Studio ARGO 教室展

f:id:keibunshabooks:20181215161551j:plain

ガラス作家・矢作理彩子さんが主宰されている大阪のガラス工芸教室「Glass Studio ARGO」による教室展をギャラリーアンフェールにて開催中です。キルンワークと呼ばれる電気窯を使って、様々な技法で制作されたガラス作品。受講生の皆さんそれぞれに個性あふれる作品が並びます。

f:id:keibunshabooks:20181215161439j:plain

入口には主宰の矢作理彩子さんの作品。大きな筒状のガラスの塊。ずっしりと鎮座する迫力とは裏腹に、分厚いガラスを通り抜ける柔らかな光が美しい。

f:id:keibunshabooks:20181215161559j:plain

続いて受講生の方々の作品がずらり。

f:id:keibunshabooks:20181215161450j:plain

こちらは「KEIBUNSHA」のストリートサイン!鮮やかなブルーが目を引きます。

f:id:keibunshabooks:20181215161516j:plain

中を覗くとウサギやリスが隠れている器。

f:id:keibunshabooks:20181215161454j:plain

猫が閉じ込められたガラス。

f:id:keibunshabooks:20181215161507j:plain

こちらは素敵な考え事をしているちいさな猫。

f:id:keibunshabooks:20181215161503j:plain

小さなガラスの引き出しの中に広がるシルバーの町。

f:id:keibunshabooks:20181215161533j:plain

キャンドルホルダーになる小さな塔。

f:id:keibunshabooks:20181215161547j:plain

おもちゃ箱をひっくり返したような色とりどりのガラス。

f:id:keibunshabooks:20181215161527j:plain

f:id:keibunshabooks:20181215161538j:plain

f:id:keibunshabooks:20181215161540j:plain

それぞれの作品に添えられた素敵なタイトルもぜひ一緒に味わいたい作品たち。抽象的な形のガラスからは、かすかな優しい音が聴こえてくるような気がします。

f:id:keibunshabooks:20181215161510j:plain

じっと眺めていると、雪の夜にあたたかい布団の中でみる不思議な夢の中にいるよう。
ほっと優しい光を灯してくれるガラス作品が並びました。

師走の最中、ちょっと束の間、ゆったりとした気持ちでどうぞお楽しみくださいませ。ご来場をこころよりお待ちしております。

 

Glass Studio ARGO 教室展
開催期間:2018年12月11日(火)-12月17日(月)
開催時間:10:00-21:00(最終日は17:00まで)
開催場所:ギャラリーアンフェール

f:id:keibunshabooks:20181215162733j:plain

2011年に設立され、大阪市内で活動をしている
ガラス工芸教室Glass Studio ARGO展を開催いたします。
キルンワークと呼ばれる電気窯を用いて制作された受講生の方々の作品は、
耐熱石膏型を用いたガラス鋳造のキャスティング技法と、
色板ガラスを構成し焼成するフュージング技法で制作されています。
それぞれの手から生みだされた、色とりどりの美しいガラス作品をご観覧下さい。

Glass Studio ARGO 主催 矢作 理彩子

※最終日は17:00までとなります。

12月15日(土)には、関連イベント【POP-UP FOOD & GLASS MARKET】をコテージにて開催!ぜひ合わせてお楽しみください。
詳細はこちら

 

シロ個展「prologue library」初日12/18(火)入場および作品購入のご案内

f:id:keibunshabooks:20181212013547j:plain

※初日ご来場予定のお客様は必ずご確認ください※

12/18(火)-24(月)にギャラリーアンフェールにて開催する[シロ個展「prologue library」]につきまして、展示会初日12/18(火)は、混雑が予想されます。
誠に恐れ入りますが、初日12/18(火)は、入場および購入に制限を設けさせていただきます。ご来店予定のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご確認の上、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

▼作品を購入ご希望もしくは購入される可能性のあるお客様へ
以下の手順にて、必ず入場番号券をお受取りください。番号順にご入場いただきます。

 

【9:50 開場/整列/入場番号券配布開始】
◎ 9:50にシャッターを開けご入店、ギャラリー隣のスペース「コテージ」内にお並びいただき、整列順に入場番号券をお渡しします。
◎ 入場番号券には、お客様の入場予定時間を記載しております。
長い時間お待ちいただく可能性もございますので、入場番号券をお持ちの上、一度コテージを離れていただいてもかまいません。ただし、入場予定時間5分前までに必ずコテージにお戻りいただくようお願いいたします。
※ ご案内した入場予定時間が早まることはございません。
※ 番号呼出時にご不在の場合は、いかなる事情に関わらず入場番号は無効となり一番最後にご入場頂くことになってしまいます。くれぐれもご注意願います。

 

※ 万一、開場時間より早く到着された場合は、店頭シャッターに貼付した案内に沿って、道路の白線内に一列にお並びください。
※ 周辺は住宅地となります。近隣、通行の方のご迷惑となりますので、早くからの待機はくれぐれもご遠慮ください。万一トラブルがあった際は当方では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

 

【10:00 番号順にギャラリー入場開始】
◎ 番号順に「15分毎に5名様ずつ」ご入場いただきます。ご入場時にオーダーシートをお渡しします。
◎ ご入場は完全入替制となります。時間内に、展示観覧および購入作品の確定をお願いいたします。
◎ 設定時間が終了次第、退出いただき、レジへお進みください。
※ 引き続き観覧のみご希望の場合も、いったん退出いただき先にお会計をお済ませいただくようご協力をお願いいたします。
※ 会場にて、スタッフがご購入内容をチェックした時点でご購入確定となります。その後のキャンセル、変更は固くお断りいたしますのでご注意ください。

◎ 同伴者がいらっしゃる場合は、1枚の入場番号券で一緒にご入場いただけますが、オーダーシートのお渡しは1枚となります。(同伴者さまも購入希望される場合はそれぞれ入場番号券をお受取りください。ただし番号によっては同じ時間に入場いただけない場合がございます。)

◎ 一度のご入場での購入上限は、最大【刺繍作品2点まで+絵画作品1点まで】となります。それ以上のご購入を希望される場合は、入場後、再度新たな入場番号券をお受取りください。
※ 「刺繍1点+絵画2点」等の数量組み合わせ変更は不可となります。
※ ご入場までにご希望作品が売約済みになる場合がございます。あらかじめご了承ください。

◎ 会期終了後お渡し作品は、全て送料着払での配送となります。年明け以降に順次、作家より発送いたします。(1月10-14日頃のお届け予定となります。)

◎ 入場番号券の配布は、展示初日12/18(火)11:00までを予定しております。(ご来場の様子をみて、配布の終了時間が前後する場合がございます。あらかじめご了承ください。)それ以降は、通常通りご自由にご入場、ご購入いただけます。


▼展示観覧のみ(作品を購入されない)お客様へ
入場番号券無しで、自由にご入場いただけます。入場時、展示会場内のスタッフにお声掛けください。
※ 入場番号券をお持ちのお客様は、ご案内した入場予定時間まで、ご入場は控えていただきますよう、恐れ入りますがご協力のほどお願い申し上げます。

 


初日ご来場予定のお客様にはご迷惑をおかけいたします。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承いただき、展示をお楽しみいただけましたらさいわいです。ご来場をこころよりお待ちいたしております。

 

シロ
恵文社一乗寺店

関美穂子 Pomander

f:id:keibunshabooks:20181210081321j:plain

週末より、型染作家・関美穂子さんの展示会が始まりました。
展示タイトルはポマンダー。果物と、クローブ、シナモンなどのスパイスでつくる香りの魔除けを意味します。この西洋に伝わるお守りをテーマとした本展では、モノトーンの季節を彩る、賑やかな作品が集いました。

f:id:keibunshabooks:20181210081336j:plain

f:id:keibunshabooks:20181210081347j:plain

f:id:keibunshabooks:20181210081404j:plain

天井から吊るした広幅の布には、友人との散歩や、フィンランドへの憧れ、それぞれに物語が込められています。作品にそえられた直筆のキャプションも参考に、のびやかな図案をお楽しみください。手染め生地を仕立てた、がま口やポシェットなどの小物類も豊富に並んでいます。

f:id:keibunshabooks:20181210081429j:plain

f:id:keibunshabooks:20181210081437j:plain

以前当店オンラインショップで販売していたポンポン巾着に、さらに大きなサイズが!肩からかけると、ちょうどポンポンが肩にのるのも、こだわりなのだとか。マチ付きの特大サイズもあります。

f:id:keibunshabooks:20181210081456j:plain

こちらも手染め生地のエプロン。ポケットの形や丈が1着ずつ異なりますので、ぜひご試着してみてください。

 

関美穂子 型絵染展 「Pomander」
12月8日〜12月21日
恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー

 

(田川)

書店内展示のご案内:ザ・キャビンカンパニー『ゆびさしちゃん』『ほーほー』原画展

書店内展示のご案内。

 

f:id:keibunshabooks:20181208202215j:plain

ザ・キャビンカンパニー『ゆびさしちゃん』『ほーほー』原画展

会期:12/8(土)から12/31(月)

 

f:id:keibunshabooks:20181208202254j:plain

 

絵本棚横の壁面にて、ザ・キャビンカンパニーさんの原画展を開催します。

『ゆびさしちゃん』『ほーほー』(小学館)は小さな正方形の絵本で、当店でもおなじみの赤ちゃん絵本です。ページに隠れたまあるい顔のゆびさしちゃんを探して楽しむ『ゆびさしちゃん』。犬や猫が鳴き声とともに描かれた『ほーほー』。どちらも同じ判型のボードブックで、2冊セットで贈り物にしても喜ばれることでしょう。

 

f:id:keibunshabooks:20181208202334j:plain

f:id:keibunshabooks:20181208202538j:plain

f:id:keibunshabooks:20181208202540j:plain

 

今回お貸しいただいた原画は木のキャンバスに描かれていて、優しくあたたかみがあります。ポストカードやマグカップなどのグッズのご用意も。小さな展示スペースですが、ご来店の際はぜひご覧くださいませ。

 

f:id:keibunshabooks:20181208202610j:plain 

 

(鎌田)

 

 

喜多妙子 うつわ展 -冬の食卓-

f:id:keibunshabooks:20181205224554j:plain

ギャラリーアンフェールでは「喜多妙子 うつわ展 -冬の食卓-」を開催中です。

f:id:keibunshabooks:20181205224613j:plain

手の中にすっぽりたっぷりと納まる、丸みを帯びた可愛らしいフォルム。優しくてあったかい、幸せな気持ちにしてくれる器が並びます。

f:id:keibunshabooks:20181205224558j:plain

眺めたり、手にとったりしていると、なんだか美味しいものが盛り付けられた様子が次々とふくらんで不思議。土鍋の蓋を開けたら中からモワッと湯気が出てくるんじゃないかと思ってしまうほど。冬の食卓を思って一つ一つ作られた器だからこその力ですね。

f:id:keibunshabooks:20181205224608j:plain

寒い冬の食卓は、一年の中でもひときわ楽しみで、楽しくて、美味しく感じるもの。外から帰ったら真っ先にあたたかいココアを飲もう!とか、ホカホカご飯をたっぷりよそってお腹も心も満腹にしたい!という冬の食欲旺盛な気持ちを優しく叶えてくれるような器が揃いました。

f:id:keibunshabooks:20181205224631j:plain

f:id:keibunshabooks:20181205224624j:plain

f:id:keibunshabooks:20181205224602j:plain

ぜひとも手にとって、大好物をイメージの中で盛り付けながら、ゆっくりじっくりご堪能ください。ご来場をこころよりお待ちしております。

 

喜多妙子 うつわ展 -冬の食卓-
開催期間:2018年12月4日(火)-12月10日(月)
開催時間:10:00-21:00(最終日は18:00まで)
開催場所:ギャラリーアンフェール

f:id:keibunshabooks:20181205224431j:plain

日々の生活に寄り添う、シンプルで温かみのある器作りを目指し、作陶しております。
今回の展示では、冬の食卓に似合う、土鍋やスープカップなどをご用意させていただきました。是非、ご覧ください。

喜多妙子 プロフィール
1993 京都芸術短期大学(現・京都造形芸術大学)陶芸コース卒業
1996 京都府立陶工高等技術専門校 成形科卒業
1996年より、五条坂・藤平陶芸 有限会社 製造部に所属
2003 独立
現在 京都府在住

 

(上田)

2018年11月書店売上ランキング

 2018年11月の書店売上ランキングをご紹介します。

 

f:id:keibunshabooks:20181202125716j:plain

1位『世界のはじまり』バッジュ・シャ-ム(タムラ堂)

 

2位『サンダー・キャッツの発酵教室』サンダー・エリックス・キャッツ(ferment books)

 

3位『ちゃぶ台vol.4 発酵×経済号』(ミシマ社)

 

4位『わたしを空腹にしないほうがいい』くどうれいん(BOOKNERD)

 

5位『バウムクーヘン』谷川俊太郎(ナナロク社)

 

6位『深呼吸の必要』長田弘(角川春樹事務所)

 

7位『発酵文化人類学』小倉ヒラク(木楽舎)

 

8位『マムアンちゃん』ウィスット・ポンニミット(マーマー)

 

9位『昆虫大学シラバス黎明編』メレ山メレ子

 

10位『いっとかなあかん店京都』バッキー井上(140B)

 

1位は、南インドの出版社Tarabooks(タラ・ブックス)のハンドメイド絵本『世界のはじまり』。久しぶりに日本版の重版がかかり、表紙の色を新たにした2刷が入荷しました。タラを代表する絵本『夜の木』と同じく、ゴンドアートアーティストのバッジュ・シャームの作品です。

 

f:id:keibunshabooks:20181202125728j:plain

11月30日には、9月に日本版が発売された、タラブックス『つなみ』の刊行を記念したイベントを開催いたしました。ゲストは装丁家の矢萩多聞さん、翻訳家のスラニー京子さん、三輪舎の中岡さん、そして映像作家の山根晋さん。イベントの前半では山根さんが撮影したドキュメンタリー「南インド、タラブックスの印刷工房の一日」を上映しました。前日の深夜まで山根さんと多聞さんが字幕フォントの編集作業をしていた、できたてほやほやの作品です。

 

f:id:keibunshabooks:20181202125737j:plain

ここ数年、日本では各地でタラブックスの展示が催され、その名は一気に広がりました。同時に神格化されるあまり、見落とされてきた工房の人々の素顔。スマートフォンで動画を見たり、下品な話題で笑いあったり、他のインドの若者となんら変わらない彼らの姿。今回のドキュメンタリーは、これまであまり日本で紹介されてこなかった本来の彼らの姿を見事にとらえています。お近くで上映の機会がある際はお見逃しなく。

 

f:id:keibunshabooks:20181202125753j:plain


2位は、スタッフいちおしの『サンダー・キャッツの発酵教室』。アメリカ、アンダーグラウンドフードカルチャーのロックスター的存在である著者の歴史的ZINE『Basic Fermentation』を邦訳し、日本語版特別ページを加え編み直した一冊です。この本にならって自宅でピクルスを漬けていると、まるでサイエンティストになったような気分で「発酵」という現象を体感することができました。発行食レシピ本と言ってしまえばそれまでですが、例えば『考える練習をしよう』などのDIY的発想法を扱った本と並べても良いかもしれません。料理は身近なDIY実践方法です。ミシマ社の雑誌『ちゃぶ台発酵×経済号』、小倉ヒラクさんの『発酵文化人類学』、「発酵本」がそろってランクイン。

 

f:id:keibunshabooks:20181202125816j:plain

 

 

f:id:keibunshabooks:20181202130357j:plain

10位は、錦市場漬物屋の主人にして酒場ライターのバッキー井上氏による『いっとかなあかん店京都』。店の案内として成立しつつ、エッセイになっている。そしてそこで語られるのは、妙に納得できる酒場の美学。「昼からの安酒場には、良い服を着ていこう。」と題したコラムも収録した、酒飲みにはたまらん一冊です。以前街中でお会いした際に、紙袋を二枚重ねて鞄としていたバッキーさん。理由をたずねると、「荷物が増えた時に二倍になるスパイの必需品や。」とおっしゃっていました。もし酒場で氏を見かけたならば、話しかけてみてはいかがでしょう。

f:id:keibunshabooks:20181202130409j:plain

 

今月はここまで。次回は年明けに。

 

(鎌田)