恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

今週の新入荷、8月第2週

今週の新入荷、8月第2週をお届けします。

 

f:id:keibunshabooks:20170811221256j:plain

f:id:keibunshabooks:20170811221323j:plain

f:id:keibunshabooks:20170811221403j:plain

 2017年、創業60年を迎えた長野県の霧ヶ峰高原沢渡に佇むクヌルプ・ヒュッテ。今週まずご紹介するのは、小屋主人の松浦夫妻や常連としてこの場所に集う人々へのインタビューを通じて"クヌルプ"の60年の来歴と高原の豊かな日々を描き出した『山の家 クヌルプ』です。

夫妻がそれぞれに生き延びた太平洋戦争にまで話は遡り、そこから読書を通じた出会いや、やがて始まった山小屋での日々、居候や宿泊者たちの記憶、屋号の由来でもあるドイツの作家ヘッセのことや読書のこと、高原の美しい四季や手仕事のことなどを丁寧に辿ってゆくテキスト。30年来この場所を訪れ続けるという東京の編集出版事務所・エクリが、一宿泊者としてあらためて聞き出した夫妻の来し方と豊かな年月の物語は、隅々まで磨き上げられた木造の山小屋に流れた懐かしい時間を生き生きと描き出します。

テキストの合間の20のカラーページでは、山や自然をテーマに写真を撮る野川かさねさんが撮り下ろした雰囲気たっぷりのクヌルプの様子、山小屋主人が語った「理想の山小屋」を描いた伊藤弘二さんの挿絵なども掲載されています。この場所を愛する人も、初めて知る方も、ぜひ60年の来歴をともに回想しながら、3年に及んだというインタビューから生まれたこの美しい一冊を紐解いてみてください。

 

f:id:keibunshabooks:20170811221416j:plain

f:id:keibunshabooks:20170811221436j:plain

f:id:keibunshabooks:20170811221448j:plain

伊丹市立美術館で現在開催中(~8/27)、画家・O JUNと彫刻家・棚田康司による2人展の公式図録『O JUN×棚田康司 鬩(せめぐ)』。これまでにも二度にわたる2人展を開催し、互いの作品を通じた20年来の交流を続ける両者による、三度目となる"一騎打ちの鬩ぎ合い"を実現した展覧会場の様子を収めた作品集です。

それぞれに18歳頃に制作していた自画像や、お互いの子どもの頃の写真を交換して制作した作品など、記憶や自画像を巡る「わたし×わたし」、素材も道具も次元も異なるそれぞれのシリーズ作を一つの空間で重ね合わせた「絵画×彫刻」、アトリエを共にした6日間の制作合宿で共有した互いへの質疑応答ノートとともに近年の作品を展示した「O JUN×棚田康司」。3セクションからなる展覧会の作品群を収載したこちらの一冊。制作合宿では、同じ女性モデルをO JUN氏はキャンバスに描き、棚田氏は丸太からその立ち姿を掘り出したりと、モチーフをともにすることで生まれる緊張感や互いの差異に豊かさを見出す試みも展開されました。手を動かし、そこに感触を確かめながら制作に向かう二人の作家を小説家の視点から捉えた滝口悠生氏が寄せたテキスト、作家たち自身が綴った制作に向かう日々の日記なども収録。あらゆる時代に互いに影響を与えあってきた画家と彫刻家の関係性をなぞりながら、各々の制作に打ち込む作家二人の関係性とその軌跡はものづくりを行う人々にとって大いに刺激となるのではないでしょうか。

展覧会場では会期中にも公開制作が行われています。その道程を振り返りながら制作の現場そのものにも立ちあう機会を設けた展覧会というのは非常に貴重です。この機会にぜひ伊丹まで足を運んでみられてはいかがでしょうか。

 

f:id:keibunshabooks:20170811221501j:plain

f:id:keibunshabooks:20170811221519j:plain

 アイルランド出身、カナダ在住のアーティスト、Nigel Peake(ナイジェル・ピーク)。大学で建築を学び、住居、建築物、窓、都市などをモチーフに、緻密な描線で構成されるカラフルで美しいドローイング作品を数多く発表しています。

本書『There』は、2015年におよそ一ヶ月ほど滞在したパリのアパートの部屋の3つの窓から日々眺めていた風景を、そのおよそ一年後、同じパリの別のアパートで記憶を頼りに描いたドローイング集。向かいの建物に並ぶ等間隔の窓やその屋上、中庭に色濃く繁茂する植物や家並みの重なり。青いペンで描かれた印象的な風景の数々。毎日そこに住みつづける、あるいは毎日そこで立ち働くことで場所と人との関係性が日々変化してゆくように、世界を絵画のフレームのように切り取る窓を通じて日々無意識に触れる"そこ"にある景色もまた、記憶の底にゆっくりと沈潜し、いつしか心象化してゆくものなのかもしれません。

Nigel Peakeのドローイングはこのほか、詩的な物語を展開しながら様々な風景をシネマティックに経巡る絵本『In The Dark』も同時入荷しています。いずれも貴重なセルフパブリッシングの作品集ですので、お求めの方はぜひお早めに。

 

f:id:keibunshabooks:20170811221531j:plain

f:id:keibunshabooks:20170811221550j:plain

f:id:keibunshabooks:20170811221602j:plain

誰もが寝静まった深夜の住宅街。陽の光に照らされた日中とは全く異なる表情を見せる夜の家、他者の生活空間。写真家、山谷佑介が赤外線カメラを持ち歩き、東京郊外の住宅街を撮り下ろしたシリーズを一冊にまとめた作品集『Into the Light』。人々が行き交い、自己と他者の領域が中和される日中ではなく、あえて家々が異物としての存在感を放ち、厳とした隔たりを感じさせる夜の時間に、生々しい他者の領域の奇怪さ、踏み込めなさをそのままに作品として表現しています。赤外線で照らし出されたコンクリートや赤みを帯びた軒先の植物は、夜の時間の妖しさとこの世ならざる夢幻に包まれたような感覚を見る者に残してゆきます。

本書を出版するのは、先月リリースされた志賀理江子『Blind Date』も印象深かった国内の写真出版社「T&M Project」。全ページに袋とじを施した『Blind Date』も素晴らしいブックデザインでしたが、本作もまたコデックスをハードカバーで包み込み、折り込みページも多数採用した丁寧な造本です。

今後どういった作品をあらたに届けてくれるのか、いま最も楽しみな出版社のひとつです。

 

その他、近しい人々の記憶とその庭の草木の記録をテキストと切り絵で表現した濱田久美子さんの植物図鑑『guide to plants』、散策にも便利な折りたたみ式のポスター仕様で緑豊かな多摩丘陵を特集した『murren vol.21 the Tama Hills』、写真家・富谷昌子が自身の故郷とめぐる命のあり様を撮り収めた写真集『KITO』、世代を超えて受け継がれる文学の力を進行形で伝える熊本の文芸誌『アルテリ 四号』なども入荷しています。

 

それでは、また次回をお楽しみに。

 

《今回ご紹介した本》

■『山の家 クヌルプ』エクリ

■『O JUN×棚田康司 鬩』伊丹市立美術館

■『There』Nigel Peake

■『Into the Light』山谷佑介/T&M Projects

 

(涌上)

田島 木綿「郵便箱」

f:id:keibunshabooks:20170813015558j:plain

ギャラリーアンフェールでは、田島木綿さんの「郵便箱」展を開催中です。壁に展示されたのはボール紙でつくられたいろんな種類の郵便箱。アパートの入口に並ぶ集合ポストや、昔おばあちゃんの家にあったような懐かしいデザインの郵便ポストなど、どれも本物そっくり。

f:id:keibunshabooks:20170813015542j:plain

f:id:keibunshabooks:20170813015546j:plain

f:id:keibunshabooks:20170813015603j:plain

イギリスで現代美術を学び、リサーチ型の作品を中心に、世界各国で制作をされてきた田島さん。今回の展示も郵便のれこれを眺めてできた作品、とのことで、赤くないポストが並んだ不思議なインスタレーション空間になりました。

f:id:keibunshabooks:20170813015536j:plain

家に帰ってポストを開けて、見覚えのある字で書かれた手紙、久しぶりの友だちからの便りに胸がはずむ。首を長くして待つ便り、毎日一目散に帰ってポストを開ける。そんなことも以前に比べてだいぶ少なくなったような気がします。メールやSNSですぐに連絡が取れる便利な世の中で、今も郵便屋さんが一軒一軒まわってポストに届けてくれる郵便。手紙を書いて、相手に届けるまで、今の感覚だと途方もないような時間がかかるけれど、田島さんのいう郵便が運ばれるための「優しい約束事や知恵」が、今もこれからもずっとあってほしいなと思いました。

f:id:keibunshabooks:20170813015552j:plain

久しぶりに手紙でも書いてみようかな、そんなことを考えたり。どうぞごゆっくりお楽しみください。ご来場をこころよりお待ちしております。

 

田島 木綿「郵便箱」

開催日時:2017年8月8日(火)-8月14日(月)

開催時間:10:00-21:00(最終日は18:00まで)

開催場所:ギャラリーアンフェール

f:id:keibunshabooks:20170813015712j:plain

郵便は、人の手を介し時間をかけて運ばれます。その行程には、届けるための優しい約束事や知恵があり、それらは、しばしばクリエイティブな工夫に由来しています。

「郵便箱」展では、そのような郵便のあれこれを眺めてできた作品を展示します。

誰もが一度は使ったことがある郵便に、ほんの少し目を向けることで、小さな発見がありますように。

[作家紹介]

田島木綿(たじまゆう)

イギリスで現代美術を学び、リサーチ型の作品を中心に制作している。世界各地を旅し、日本、イギリス、フランス、セルビアなどで調査、制作、展示を行う。現在は、埼玉を拠点に活動している。

http://www.thegreenhousestudio.net

 

(上田)

ギャラリーアンフェール通信 8/7号

うだるような暑さが続く夏も盛り。いかがお過ごしですか?

公園の木陰で涼んでいると、毎日炎天下の中、子どもたちが元気に遊び回っています。虫とりに水遊び、サッカーやかくれんぼ…遊びの輪に通りすがりの知らない子も加わってとても賑やか。「一緒に入れて!」「名前なんていうん?」だけですっかり遊び仲間になれる子どもたちがなんだかうらやましくてほほえましくて。

ギャラリーも、ある意味遊び場だなと思うことがあります。思い思いの展示をしていただき、それを見て思い思いに楽しんでもらう。作家さんとお客さんが初めて出会って作品を前にいろんなおしゃべりをしたり、一緒に見にきた人と作品についてあれこれ話がはずんだり。そんな場面と公園の光景がふと重なって、うれしくなったこのごろです。このギャラリーで過ごす時間が、気ままに思いきり楽しんでいただけるひとときになればさいわいです。

この先一ヶ月も、わくわくするような展示が目白押し。ご来場をこころよりお待ちしております。

 

田島 木綿「郵便箱」

2017/8/8(火)-8/14(月) 10:00-21:00(最終日は18:00まで)

f:id:keibunshabooks:20170724145007j:plain

詳細:http://www.keibunsha-store.com/gallery/5667

8日からスタートする田島木綿さんの展示。ボール紙で作られたのは「郵便箱」。メールやSNSの送信ボタン一つですぐに連絡が取れる便利な世の中に、今も時間をかけて届けられる郵便物。手紙をしたためたり、箱に贈り物を詰めたり、そんな手間の中で思い浮かべるのは送る相手の顔。それを受け取って、一つ一つ郵便屋さんの手でポストへ届けられる。今の時代では気が遠くなるような時間かもしれませんが、かかる時間の分だけ、人と人のつながりを感じます。懐かしささえ覚える本物そっくりにつくられた郵便箱。久しぶりに手紙でも出してみようかなと思うようなほっと優しい気持ちになれる展示です。ぜひ足をお運びくださいませ。

 

小野由理子「happy birthday to skirt!」

2017/8/15(火)-8/21(月) 10:00-21:00(最終日は18:00まで)

f:id:keibunshabooks:20170724145011j:plain

詳細:http://www.keibunsha-store.com/gallery/5774

動きやすいパンツスタイルもいいけれど、スカートにした日はなんだか少し、心が躍って、いつもよりちょっとお行儀がよくなったりする。女性にとって、スカートって特別なものかもしれません。"スカート屋さん"小野由理子さんのオリジナルテキスタイルで作られた12ヶ月分のありったけの幸せを詰め込んだ12着のスカートたち。どんなスカートが並ぶのでしょうか。素敵なスカートに出会えますように。どうぞご期待ください。

 

安本麻美「いろとはな」

2017/8/22(火)-8/28(月) 10:00-21:00(最終日は18:00まで)

f:id:keibunshabooks:20170724145001j:plain

詳細:http://www.keibunsha-store.com/gallery/5786

草木染や染料インクをにじませて作られた作品や、つまみ細工を制作されている安本麻美さんの展示です。草花からいただいた"いろ"でつくられる"はな"のように人の心を和ませる作品。初めて作品の写真を拝見した時、なんだかやわらかい気持ちになりました。花屋さんに並ぶ花や、道端に咲いている草花を見ては、自然の力でこんなにきれいな色になるのかとその色合いに驚くこともしばしば。そんな草花の色でつくられる作品、どんないろのどんなはなに出会えるか、とても楽しみですね。

 

<ギャラリーアンフェールでは一年先までレンタルお申込みを受付中!>

空き状況 http://www.keibunsha-store.com/availability

利用規程 http://www.keibunsha-store.com/about-gallery/rules

見学、相談も随時受付けています。まずはお気軽にお問合せください。

恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール(担当:上田)

E-mail:enfer@keibunsha-store.com

TEL:075-711-5919

 

(上田)

今週の新入荷、8月第1週

今週の新入荷、8月第1週をお届けします。

 

f:id:keibunshabooks:20170806234019j:plain

先ほど終わったばかりの「数学ブックトーク」。独立研究者の森田真生さんが、数学にまつわる本を紹介し、その魅力を解説する毎回人気のイベントです。当店では3ヶ月に一度開催しています。2年前、30歳という若さでデビュー作『数学する身体』(新潮社)が小林秀雄賞を受賞した、目下最注目の書き手です。

 

f:id:keibunshabooks:20170806234047p:plain

そんな森田さんがはじめて絵本の文章を手がけた『アリになった数学者』が福音館書の「たくさんのふしぎ」の9月号として出版されました。「1とは何か」を説く絵本を作りたいという出版社の要請を受け、3年の歳月をかけてようやく完成したこちらの本。ある日、アリになった(生まれ変わった)数学者が、人間だった頃に探求していた数学から派生する思想や、奇数、偶数といった数字について、思索に耽りながら滔々と語る内容となっています。四千字程度でという依頼があったにもかかわらず、森田さんが提示した原稿はおよそ一万字。おそらく、同シリーズ最多の文字数で語られた唯一無二の絵本になりました。数学研究者ではなく、独立研究者と自他ともにそう呼ぶように、森田さんが追い求める世界は数学に留まらず、多岐に渡ります。森田さんが著作や、イベントで触れる、ピタゴラス、ウィトゲンシュタイン、デカルトら、数学を基盤としながら、その他の世界でその概念そのものを生み出してきた大家と同じように、そういった知識を蓄え、他と比較し、研磨してきた森田さんの見る視点がそのまま表れた、絵本でありながら、他のジャンルでも価値のある一冊に。

 

f:id:keibunshabooks:20170806234145p:plain

森田さんの手描きの数式が採用されたこちらのページ。実はラッセルの提唱した定理が書かれています。本来、小学中学年を対象にしたシリーズですが、我々大人が読んでもいろいろなことを想起させられます。絵を担当したのは、日本人ではじめてマリメッコのデザイナーになり、現在は京都のSOU・SOUで活躍する脇阪克二さん。絵に起こしにくい、ともすれば専門的な内容を見事に表現されています。月刊誌のため、増刷はされません。ご希望の方はお早めに。

 

f:id:keibunshabooks:20170806234412j:plain

f:id:keibunshabooks:20170806234439p:plain

続いては、デザインの父、ブルーノ・ムナーリの代表作ともいえる絵本『闇の夜に』。少しの間、出版社品切状態でしたが、生誕100周年を記念して新装版が刊行されました。ページ上部の穴を覗くと、夜空に浮かんだ満月に。ギザギザと幾重にも重なって空けられた穴は洞窟に、半透明の紙は魚が泳ぐ水に。プロダクトデザイン、絵画、造形、知育玩具、あらゆるジャンルに精通したムナーリが、生前精力的に取り組んでいた絵本の制作。遊ぶように取り組んだであろう遊び心が存分に詰まった一冊です。翻訳はブローティガンの翻訳で知られる藤本和子さんです。イタリアから届いたムナーリ展の図録等、関連書籍も多数ご用意しております。

 

f:id:keibunshabooks:20170806234509j:plain

f:id:keibunshabooks:20170806234529p:plain

巻き毛の可愛らしい男の子がおばあちゃんの家に遊びに行き、粉だらけになりながら一緒にパンを作って食べた一日を写した、可愛らしい絵本のような写真集『PAIN パンの本』。ピーナツバターパン、あんパン、酒粕パン、木の実とフルーツのパン…ちょっとしたレシピも収録されています。上部がミシンで縫われた、小麦粉の袋をイメージしたというパッケージもあわせてお楽しみください。取扱店を見る限り、京都では書店の取り扱いはこれまでなかったようです。プレゼントにもおすすめの一冊。ぜひこの機会にご注目ください。

 

f:id:keibunshabooks:20170806234616j:plain

昨今、多くの場面で目にするテーマ「小屋」。若者の間でも平屋に住むことが小さなブームになっていると聞きます。今回このテーマに取り組んだのは、ミニマリズムを「住」の視点から発信するグループYADOKARI。リトルプレス「月極本」はじめ、短いあいだに多くの書籍を手がけ、小さく住まう、という現代人の関心が集まる話題には必ずといってよいほど登場する注目のグループです。『ニッポンの新しい小屋暮らし』は、他拠点生活、田舎暮らし…国内で少しずつ増えている小屋を中心に据えた新しい豊かさ、価値観を11の実例から提示する一冊。

 

夜分に失礼いたしました。

今回はここまで、また来週もお楽しみに。

 

〈今回紹介した本〉

『アリになった数学者 たくさんのふしぎ9月号』文・森田真生 絵・脇阪克二(福音館書店)

www.keibunsha-books.com

『闇の夜に 新装版』ブルーノ・ムナーリ 訳・藤本和子(河出書房新社)

www.keibunsha-books.com

『PAIN パンの本』(Falt books)

www.keibunsha-books.com

『ニッポンの新しい小屋暮らし』YADOKARI(光文社)

www.keibunsha-books.com

 

(鎌田)

 

 

八月のガラス

f:id:keibunshabooks:20170806090836j:plain

f:id:keibunshabooks:20170806090848j:plain

f:id:keibunshabooks:20170806090858j:plain

f:id:keibunshabooks:20170806090909j:plain

f:id:keibunshabooks:20170806090923j:plain

今回で3度目を迎える「八月のガラス」展。長野のガラス吹き、前田さんのつくるコップやお皿が今回もミニギャラリーに届きました。「ぷつぷつのこっぷ」「へにゃへにゃのコップ」「水のコップ」「ジュースのコップ」と、種類ごとにに一応品名がついていますが、同じ種類でも1点ずつ異なります。その捉われない伸びやかなかたちが、前田さんらしさ。思わず笑ってしまうぐらいの自由度です。
お酢の瓶、窓ガラスを素材に溶かしたものは、少し青みがかった仕上がりになっています。これでお水を飲んだら、お酒を飲んだらと楽しんでみてください。

 

前田一郎 八月のガラス
8月5日 - 8月18日
恵文社一乗寺店生活館ミニギャラリー

 

(田川)

夏のよそおい

先日よりこちらのページでもご紹介していますが、
暑い季節を軽やかに過ごせるような商品が続々と入荷しています。

f:id:keibunshabooks:20170805085104j:plain

f:id:keibunshabooks:20170805085114j:plain

f:id:keibunshabooks:20170805085124j:plain

f:id:keibunshabooks:20170805085137j:plain

SWISH! Denim white hat 税抜5000円
WONDER BAGGAGE SUNNY ドローストリングパック 税抜11000円
バッグブランド「WONDER BAGGAGE」より届いた、SUNNYシリーズ新作のバッグは、フラップ部分と本体を2本のドローコードでつないだ仕様。既存の開け口にファスナーを用いたシリーズとは異なり、フラップをめくり上げることでスムーズに開閉できます。軽量かつ、コンパクトに折り畳めますので旅先でのバッグとしても便利です。当店ロングセラーSWISH!のデニムハットとのコーディネイトもぴったり。

f:id:keibunshabooks:20170805085159j:plain

f:id:keibunshabooks:20170805085210j:plain

うなぎの寝床 MONPE 板染ストレッチ/グレー 税抜12000円

また、先日までミニギャラリーで展示頂いた「うなぎの寝床」より、ストレッチタイプのもんぺも入荷しています。生地の横糸にポリウレタンを配合することでより伸縮性が高く、機能的なこちら。男性にも人気のラインです。素材が綿100%ではないので、厳密には久留米絣生地とはいえませんが、同じ筑後にある工場で作られています。文人絣(久留米絣を代表する柄のひとつ)に似た模様を表現し、近くで見ると細かな白い線が入っているのがわかります。綿生地に比べて起伏がある表情で、夏場にこそ着心地の良い一着です。

店頭でご試着頂くこともできますので、お気軽にお声かけくださいませ。

 

(田川)

2017年7月書店売上ランキング

7月は写真家のドキュメンタリー映画を二本見ました。「パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>」「Don't Blink ロバート・フランクの写した時代」。まだ学生の頃、祇園の京都現代美術館〈何必館〉で両者の写真展を見て以来、心の中でずっとこの時代の写真家たちに憧れてきました。こうしてドキュメンタリーとして彼らの人生や作品を振り返ることができたのは、とても勉強になりましたし、同じ写真家や画家、映画監督、同時代に集った芸術家たちがお互いに刺激を受けながら自身の創作活動に傾倒していく様が清々しく、どこか羨ましく感じます。

 

それでは、2017年7月の書店売上ランキングをお知らせします。

 

1位『世界をきちんとあじわうための本』ホモ・サピエンスの道具研究会(ELVISS PRESS)

上半期当店のベストセラー。本書から派生する本を選んだブックフェアを店頭にて開催中

 

2位『おさまる家』井田千秋

家の中のお気に入りの場所を描いたイラスト集、待望の重版分

 

3位『WYP Vol.1 DENMARK 僕らは生きる場所を選べる。』THE WORLD YOUTH PRODUCTS

デンマークに暮らす人々へのインタビューを通じて、これからの生き方のヒントを探る

 

4位『タラ・ブックス』矢萩多聞 松岡宏大 野瀬奈津子(玄光社)

工芸品のように美しい絵本を作り出す南インドの小さな出版社を紹介した入魂の一冊

 

5位『「いる」じゃん』作・工藤直子 絵・松本大洋(スイッチ・パブリッシング)

母、子の共演によって生まれた、どこか懐かしく清々しい絵本

 

6位『CDT 02 鳥獣虫魚』TDC(BOOK PEAK)

日本を代表するグラフィックデザイナーが一堂に会する紙とインキの同人誌

 

7位『切手小論』森田晃平

美術、文学、映画、あらゆる場に登場する切手にフォーカスをあてたリトルプレス

 

8位『手繪京都日和』Fanyu(林凡瑜)

台湾のイラストレーターが見つめる京都の街

 

9位『ぼくはパン Je suis le pain』金子敦 金子泰子(Blood Tube Inc.)

「ウズベキスタン日記」「イラン・ペルシア日記」のデザインユニット初の絵本

 

10位『つるとはな 5号』(つるとはな)

90歳をこえるパワフルな人生の先輩が登場する雑誌、第5弾!

 

f:id:keibunshabooks:20170804165104j:plain

第1位は、先月もご紹介した『世界をきちんとあじわうための本』。ペンで何かを書く、靴を履く、呼吸をする。日常の何気ない行為のなかに存在する世界をあじわうためのヒントをあたえてくれる一冊。書店店頭では『「世界をきちんとあじわう」ためのブックフェア』と銘打った選書フェアも引き続き開催中です。フェアの様子と、本の詳しい説明を数日前に別の記事で紹介しています。よろしければこちらもあわせて、御覧ください。

f:id:keibunshabooks:20170802184957j:plain

keibunshabooks.hatenablog.com

 

また、8月20日(日)にはフェアに合わせたトークイベントを開催します。ゲストとして、著者のホモ・サピエンスの道具研究会から山崎剛さん、木田歩さん、坂井信三さん、そして『介護するからだ』(医学書院)、『ミッキ-はなぜ口笛を吹くのか』(新潮社)など、身体動作や声に関わる興味深い著作を多数手がける細馬宏通さんをお招きしたスペシャルな内容です。まだまだご参加承っておりますので、ぜひふるってご予約ください。詳細、ご予約はこちらから。

http://www.cottage-keibunsha.com/events/20170820/

 

f:id:keibunshabooks:20170804165206p:plain

第4位は、8月3日から8月5日までの3日間限定で、当店イベントスペースCOTTAGEにて関連イベントを開催している『タラ・ブックス』。副題に「インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる」とあるように、南インドの小さな工房で、製紙、印刷、製本、すべて手作業によって工芸品のように美しい絵本を制作する世界でも他に類を見ない出版社「Tarabooks」を現地への取材を中心に紹介した一冊です。

f:id:keibunshabooks:20170804165221j:plain

今回のイベントでは、インドから取り寄せた絵本と、大きな額に入ったアートプリント、雑貨などなど、さながら出張版タラ・ブックスといって良いほど、極彩色の賑やかな展示となっております。特に今回揃った絵本は、まだ国内で馴染みのない作家の作品や、新作も多数ご用意しております。明日土曜日までの開催となります。お近くの方は涼みがてらお立ち寄りください。

http://tarabooks.jp/event20170803/

 

f:id:keibunshabooks:20170804165302p:plain

第5位は、工藤直子、松本大洋親子の共作による絵本『「いる」じゃん』。主人公の男の子は、太陽や夜空に輝く星々、虫や木々にまで「オッス!」と挨拶します。生きている限り、人間はどうあっても一人ではないという力強いメッセージが込められた心地の良い作品です。扇風機に向かって叫ぶ場面など、実は夏にぴったりの一冊。プレゼントにも喜ばれるかもしれません。

また、発行元のスイッチ・パブリッシングの特設サイトでは随時親子の対談記事がアップロードされています。親子ならでは肩の力が抜けた会話。こちらからご覧いただけます。

https://www.iru-jan.com

 

それでは、今回はここまで。

何やらリンクだらけになってしまいました。

また来月もお楽しみに。

 

(鎌田)