恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

森洋子「短冊」展

ギャラリーアンフェールでは、絵本作家・森洋子さんによる「短冊」展を開催中。連日ご好評いただいています。

f:id:keibunshabooks:20190112200052j:plain

f:id:keibunshabooks:20190112200105j:plain

極端に細長い短冊に次から次へ描かれた真夜中の風景。隙間をこっそりのぞいているような、のぞけば広い夜空が広がるような、とても不思議な感覚。

f:id:keibunshabooks:20190112200820j:plain

月の光がさんさんと降り注ぐ真夜中、人間たちが深く寝静まった後、いつもの見知った場所で繰り広げられている風景。月夜に映える赤いお洋服でおめかしして、散歩に繰り出したり、本を読みふけったり、お月見したり。まばゆいほどの月の灯りが優しく包み込んで、描かれる風景はとても穏やかで楽しくて、みんなとてもよい顔をしていました。

f:id:keibunshabooks:20190112200159j:plain

f:id:keibunshabooks:20190112200217j:plain

今回は短冊作品のほかに、当店でも好評の絵本「月の明るい真夜中に」の原画も展示。光が反射してきらきらしているような鉛筆の跡や、不思議な奥行きは原画ならではの味わいです。限定部数で「月の明るい真夜中に」サイン本もご用意いただきました。月明かりでぼんやり眺めたくなる絵本、枕元のお供におすすめです。

f:id:keibunshabooks:20190112200231j:plain

ひんやりと澄み渡る月夜の静寂に耳をすませば、楽しい声や音が聴こえてきそう。いつもの夜を過ごす時間をワクワクさせてくれるような楽しい作品が並びました。どうぞゆっくりお過ごしください。

f:id:keibunshabooks:20190112200246j:plain

昨年はたくさんの方にギャラリーをご利用、またご来店いただきありがとうございました。今年もいろいろな展示をご紹介させていただきます。どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:keibunshabooks:20190112200847j:plain

 

森洋子「短冊」展
開催期間:2019年1月8日(火)-1月14日(月祝)
開催時間:10:00-21:00(最終日は16:00まで)
開催場所:ギャラリーアンフェール

f:id:keibunshabooks:20190112200637j:plain

ごあいさつ
人が寝静まった真夜中、明るい星月夜の下、起こりがちな情景を短冊に描いてみました。極端に細長いプロポーションの中に描くという体験は、襖の隙間から異次元の空間を覗いているようでした。 森洋子

森洋子(もり ようこ)
1959年、東京生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科卒業。同大学院修了。
絵本に『かえりみち』(トランスヴュー)『まよなかのゆきだるま』『おるすばん』『さがしもの』『おまつり』(福音館書店)、『ぼくらのひみつけんきゅうじょ』(PHP研究所)がある。

 

※2019年1月から、最終日の展示終了時間を『16:00まで』に変更いたしました。(展示により異なる場合がございます。)

(上田)

浅井洋子 ノッティングワークショップのお知らせ

f:id:keibunshabooks:20190111120046j:plain

f:id:keibunshabooks:20190111120055j:plain

毎年、冬の訪れとともに富山から届く、織作家・浅井洋子さんの椅子敷。とりや家、りんごなど、素朴で親みやすい絵柄が織り込まれたこれらは、木綿の経糸にウール糸の束を結びつけて織る「ノッティング」という技法で作られています。ふかふかとした厚みと弾力があり、読書や編みもの、長く集中し続けている時にこそ!包みこむような、あたたかさです。2月2日より開催する浅井さんの展示会では、椅子敷に加えて、タペストリーやポットマット、コースターなども揃います。

浅井洋子 織展 春を待つ部屋
2019年2月2日(土) - 2月15日(金)
恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー
最終日は16時まで

 ------------

f:id:keibunshabooks:20190111172027j:plain

会期初日には展示会場にて、浅井さんによるノッティングワークショップも開催します。2時間ほどでつくる、小さな手のひらサイズのノッティング織を体験いただけます。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

手のひらサイズのノッティングのワークショップ
日時:2019年2月2日
3回開催します。ご希望のお時間をお選びください。
10時-12時13時-15時16時-18時
※いずれの回も満席となりました

会場:恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー内
料金:1500円(材料費込み)
定員:4名
お申し込み先:
恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー
seikatsukan@keibunsha-books.com
お名前/参加人数/希望される参加時間/お電話番号をお知らせください。メールをお送りいただき2日以内にお返事がない場合は、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

 

写真は2014年に開催したワークショップの様子。この時は椅子敷を制作。

f:id:keibunshabooks:20190111090733j:plain

f:id:keibunshabooks:20190111090743j:plain

 

(田川)

atelier KUSHGUL 手織りマフラーと冬の白い布

f:id:keibunshabooks:20190110200451j:plain

f:id:keibunshabooks:20190110200527j:plain

京都で手織りの布を制作しているatelier KUSHGUL。
当店とはお付き合いの長い作家さんですが、ミニギャラリーでの展示会はひさしぶり。
市内の繁華街、四条通りから少し歩いたところにあるビルの一室で、足踏み織機を使いひとつひとつ織り上げた作品たちです。マフラー、カシミヤ100%のショール、また織布で仕立てたポーチやポシェット、バッグなど。定番といえる千鳥格子のマフラーは、幅違いの2サイズに加えて、今回は同柄でカシミア100%のものもご用意しています。

f:id:keibunshabooks:20190110200538j:plain

また、ツートーンカラーのmingleシリーズは、ラムウール100%。柔らかで弾力があり、男女問わず合わせやすい品。布にはそれぞれ「deep sea」「grassland」「cloudy」など、たてとよこの糸が混ざり合ってできる微妙な色のニュアンスを表す名前が付けられています。今回は、新しく「blood orange」と名付けられた鮮やかな赤も。

f:id:keibunshabooks:20190110200810j:plain

作家の人柄を伝えるような、素直で、ていねいな手仕事。
毎日に寄り添うように、長く長く使いたいものです。

 

atelier KUSHGUL 手織りマフラーと冬の白い布 展
1月5日-1月18日 
恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー
最終日は16時まで

 

(田川)

 

SNOW SHOVELING presents 「BLIND DATE WITH A BOOK」FAIR

 

本との新しい出会い方を提案するインスタレーションです。

カヴァーもタイトルも著者名もすべて非表示し、印字された言葉のインスピレーションで本を選んでみる。

運試しのようにおみくじを引くような楽しさと、言葉と本の因果関係を探るのも読んだ後の楽しみ。普段なら自ら選ばないような本を読んでみる新しい読書体験。たまにはムダを楽しもう。

 

f:id:keibunshabooks:20190108214258j:plain

 

昨年12月より書籍フロアで開催中の”Blind Date with a Book“フェア。東京、世田谷、駒沢のブックストア「SNOW SHOVELING」店主が、普段とは少し違った本との出会いかたを提案するユニークな試みです。茶封筒に包まれ、カヴァーもタイトルも著者名もブラインド(非表示)にされた様々な古書の文庫本、それぞれの封筒の表面にはその本をシンプルに、的確に、筋道だった説明とは異なる方法で絶妙に表現した短いコピーのような言葉が印字されています。(「知的なジャーニー」、「オルタナ処世術」、「スピーチ入門」、「街場の教養論」、「18歳のころ、または墓標」、etc…)

 

何か本を読みたいけれど何を読めばいいかわからない、自分が知らない世界を新たに覗いてみたいけれどそのきっかけが掴めない、身近な人に本を贈りたいけれど少しハードルが高い…。本屋に赴くことが好きな方でも、いつでも自分や誰かに贈りたい本や言葉があらかじめ決まっているわけではないでしょう。短い言葉が喚起するインスピレーションから、これまで手にすることのなかった本を手に取ることには、いろんな可能性が眠っています。

 

本を作る仕事や本を売る仕事はいつも、訪れ、手に取り、読む方にとっての既知ではなく未知への扉を開けるきっかけを作る役割を担っていますが、軽やかでウィットと創意に溢れたこのような試みもまた、本を通じた未知との出会いを演出するヴァリエーションとして大いに有効で楽しんでいただけるものなのだと、多くの方に店頭で手に取っていただきながら感じています。新年のおみくじを引くような心持ちで言葉に出会う、テキストを読む。そんな本との出会い方。

ご来店の際はぜひ手に取ってみてください。

 

f:id:keibunshabooks:20190108212507j:plain

 

また、本フェアでは「SNOW SHOVELING」店主がブルックリンやマンハッタンなどNYの書店で買い付けてきたブックトートなどの雑貨や、アメリカの伝説的な編集者・ジャーナリスト、ラルフ・ギンズバーグが手掛けた『Eros Magazine』『Avant Garde』『fact:』、アメリカのヒッピームーブメントを牽引した『Whole Earth Catalog』など貴重な古書も展示販売しています。

f:id:keibunshabooks:20190108212555j:plain

f:id:keibunshabooks:20190108212519j:plain

 

「SNOW SHOVELING」によるアパレルやブックマッチ、蚤の市から持ち帰ったアンティーク雑貨なども展開していますので、こちらもぜひこの機会にご覧ください。 

f:id:keibunshabooks:20190108212404j:plain

f:id:keibunshabooks:20190108212546j:plain

f:id:keibunshabooks:20190108212343j:plain

 

 

f:id:keibunshabooks:20190108212409j:plain

SNOW SHOVELING presents「BLIND DATE WITH A BOOK」FAIR

2018年12月5日 – 2019年1月14日

恵文社一乗寺店 書籍フロア

 

 

※「SNOW SHOVELING」店主がニューヨークの本屋をたずねた際の個人的記録としての2冊のガイドブック『NEW YORK BOOKSTORE NOTE』マンハッタン編とブルックリン編は当店オンラインショップでもお取り扱いがございます。

遠方の方はぜひこちらをご利用ください。

 

■『NEW YORK BOOKSTORE NOTE Manhattan』中村秀一(SNOW SHOVELING)

■『NEW YORK BOOKSTORE NOTE Brooklyn』中村秀一(SNOW SHOVELING)

 

 

(テキスト:涌上 / 撮影:韓)

2018年年間書籍売上ランキング

今年も実感が湧かないまま、一年が終わろうとしています。今日は一年を振り返る日。数日前、プロ野球の好プレー集を見て思い立ち、2018年、当店で多くの方の手に取られた本をランキングとしてまとめました。

 

1位『数学する身体』森田真生(新潮社)

 

2位『観察の練習』菅俊一(NUMABOOKS)

 

3位『わたしを空腹にしないほうがいい』くどうれいん(BOOKNERD)

 

4位『あおいよるのゆめ』ガブリエーレ・クリーマ(WORLD LIBRARY)

 

5位『はな子のいる風景 イメージを(ひっ)くりかえす』松本篤/AHA!(武蔵野市立吉祥寺美術館)

 

6位『手繪京都日和』Fanyu(啟動文化)

 

7位『季節の記録』小幡彩貴(commune Press)

 

8位『バウムクーヘン』谷川俊太郎(ナナロク社)

 

9位『色の辞典』新井美樹(雷鳥社)

 

10位『発酵文化人類学』小倉ヒラク(木楽舎)

 

f:id:keibunshabooks:20181231154055j:plain

第1位は、森田真生さんの『数学する身体』文庫版でした。

当店のハイライトとして文句なし。森田さんの専門はもちろん数学ですが、その論は哲学や宗教、技術、教育などあらゆる分野に跨ります。古代の哲学者たちが当然のように数学を嗜んでいたように、本来分岐できない道を束ねて、私たちに紹介する森田さんの論を象徴する一冊として、これからも多くの方に届けたい一冊です。

 

自由にジャンルを横断して、己を突き詰めていくために、森田さんは特定の研究機関に属さず個人で研究をすすめる独立研究者の立場をとられています。昨年の刊行ながら、10位に入った『発酵文化人類学』の著者、小倉ヒラクさんも似た立場に身を置かれている書き手です。

 

「発酵」という現象そのものを対象にするヒラクさん曰く、発酵の分野を研究しようと思うと多くの場合が納豆や酒など、特定の食品にフォーカスをしないと研究機関では予算が出ないそうです。『発酵文化人類学』が面白いのは、発酵というテーマを下地に哲学やその他さまざまなことを学べるからでしょう。この数年は森田さんやヒラクさんのように分野をまたいで活躍する書き手の本が活躍しています。また、森田さんがミシマ社のウェブマガジンで連載してきた『数学の贈り物』が3月に書籍化予定です。こちらもお楽しみに。

 

f:id:keibunshabooks:20181231154203j:plain 

第2位は、映像作家・菅俊一さん初の単著『観察の練習』。

「観察とは、日常にある違和感に、気づくこと。」無意識に見逃してしまう身の回りの道端の風景を切り取り、考察する一冊です。取るに足らないものを疑問に思う、面白がる。それを繰り返すことで、自分がこれまでに気づきもしなかった新たな認識が可能になるかもしれません。その導入にまずはここから。文章を書く、絵を描く、写真を撮る、何にせよヒントを与えてくれる一冊です。

 

f:id:keibunshabooks:20181231154409j:plain

第3位は、盛岡の若き歌人、くどうれいんさんの食日記『わたしを空腹にしないほうがいい』。

食べることからはじまる感情の連鎖。日記という表現方法の性質か、過ぎ去るものへの切なさと、日常の豊かさが綴られた一冊です。雑誌『POPEYE』などでも取り上げられた注目の新人。今後の著作刊行が期待されるひとりです。

 

みなさんの今年の読書生活はいかがでしたか。良い本には出会えましたか。本年も格別のご愛顧を賜り、誠に有難う御座いました。新年は1月2日からの営業です。2019年も恵文社をどうぞよろしくお願いいたします。

 

(鎌田)

 

〜おまけ〜

書店スタッフの私的2018年の3冊

 

f:id:keibunshabooks:20181231154643j:plain

鎌田

『さよなら未来』若林恵(岩波書店)

『落としもの』横田創(書肆汽水域)

『サザンと彗星の少女』赤瀬由里子(リイド社)

 

f:id:keibunshabooks:20181231154743j:plain

涌上

『ひとり空間の都市論』南後由和(筑摩書房)

『自然なきエコロジー』ティモシー・モートン(以文社)

『HE LAND IN BETWEEN』Ursula Schulz Dornburg(MACK)

 

恵文社 冬の大古本市

気がつけばすっかり冬。

今朝、ついに一乗寺にも雪が降りました。現在、ギャラリーアンフェールでは、年末年始の恒例となりました「恵文社冬の大古本市」を開催中です。店中の棚をかき集めて、スタッフ総出で設営する年末の大仕事。おなじみの店舗から新しい顔ぶれまで。今回も京都だけでなく、東京、名古屋、大阪など、他の都道府県の古書店さんにも出品いただいております。

 

f:id:keibunshabooks:20181228124740j:plain

恵文社冬の大古本市

12/25(火)—1/7(月)18時まで

 

参加店

-------------------------------------------------

ありの文庫

えほんやるすばんばんするかいしゃ

古書玉椿

古書フローベルグ

古書柳

固有の鼻歌

SUNNY BOY BOOKS

ジグソーハウス

シマウマ書房

徒然舎

BOOKS 青いカバ

迷子

マヤルカ古書店

------------------------------------------------

昨年よりもぎっしりと本をご用意できました。個性もそれぞれ。

寒い日に読書が捗るのはなぜでしょう。雪が降っていればなお良いのですが。新年を迎えて、最初に読まれる一冊は何でしょうか。ぜひ当店の古書市も、真冬のブックハンティングルートに。

 

f:id:keibunshabooks:20181228124823j:plain

今年のフライヤーはブックマーク型です。絵は「ぽかん」などで表紙画を描かれている片桐水面さんにお願いしました。暖炉の前で仲睦まじく座って読書。こんな年末年始が理想ですね。

 

なお、年末年始は今年も元旦のみ休業とさせていただき、他は休まず営業いたします。

 

年末年始営業スケジュール

-------------------------------------

2018年

12月29日まで 通常営業

12月30日~12月31日 19時までの短縮営業

▼元旦 休業

2019年

1月2日~3日 19時までの短縮営業

1月4日より 通常営業

-------------------------------------

 

(鎌田)

 

 

 

shiro solo exhibition 「prologue library」

当店での展示は三度目となるシロさんの個展「prologue library」。今回も連日好評いただいています。

f:id:keibunshabooks:20181219223141j:plain

f:id:keibunshabooks:20181219223233j:plain

日本画と刺繍作品を制作されているシロさん。作品一つ一つは手の内におさまるほどの大きさなのに、そのひと針、ひと筆が生み出す、想像を超えた迫力と無限に広がる世界観に、毎回毎回圧倒されています。

f:id:keibunshabooks:20181219223226j:plain

f:id:keibunshabooks:20181219223401j:plain

f:id:keibunshabooks:20181219223308j:plain

木の枝、古い本の紙片、見たこともない植物や、とりどりの色を纏った表情豊かな動物たちが賑やかに。

f:id:keibunshabooks:20181219223252j:plain

f:id:keibunshabooks:20181219223258j:plain

目が離せなくなるくらい惹き込まれてしまう不思議な絵。とてつもなく不思議な風景なのに、なんだか本当に何処かにありそうな気すらしてしまうのは作品の持つ力でしょうか。

f:id:keibunshabooks:20181219223321j:plain

会場で流れている音楽は、今回の展示に合わせて制作されたもの。ハープやアコーディオンで奏でられる心地よいメロディは、作品の世界へ一層深く誘ってくれます。

f:id:keibunshabooks:20181219223119j:plain

f:id:keibunshabooks:20181219223459j:plain

時間も時空も越えた何処かに在るこの世界に迷い込んで、物凄くわくわくして、少し怖い、壮大な冒険がはじまるよう。まるで分厚い幻想小説を一気に読んだみたい。作品の持つ強烈な印象はギャラリーを後にしても醒めやらず、いろんな物語を紡いでくれそうです。

f:id:keibunshabooks:20181219223001j:plain

シロさんは会期中全日在廊予定です。ぜひお話してみてください。ご来場をこころよりお待ちしております。

---
初日のみ、入場及び購入制限を設けさせていただきました。
たくさんのご来場、ご協力をいただき、誠にありがとうございました。


shiro solo exhibition 「prologue library」
開催期間:2019年12月18日(火)-24日(月)
開催時間:10:00-21:00(最終日は18:00まで)
開催場所:ギャラリーアンフェール

f:id:keibunshabooks:20181219222809j:plain

巨大樹のメトセラから語られる様々な物語の序章を記した紙を働き者のキツツキ達が毎日木に打ち付けている。

この場所の名は「prologue library」

ここに来た者達は自分の好きな物語を見付けて、その物語の続きを紡いでいくのだ。

http://shironiji710.webcrow.jp/nijiiro_hp/index.html

 

(上田)