読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

新コーナー「生活館の本棚から」始まりました

書籍

 

f:id:keibunshabooks:20160727223740j:plain

昨日より、当サイトの書籍カテゴリに、新しいコーナーをもうけました。名付けて「生活館の本棚から」。当店の正面向かって右側に位置する「生活館」は実際にご来店の方にはすでにおなじみと思いますが、生活雑貨だけではなく、それに付随する様々な本も販売してきました。料理の本、編み物の本、育児の本、体の本、器の本などなど、一口では書ききれない「生活にまつわる魅力ある本」たちです。2006年の立ち上げからちょうど10年を迎える今月、あらためてその本棚からエッセンスを抽出して、オンライン上でご提案できればと思った次第です。

生活館の本棚は、通常以上に限られた面積のなか、10年間のあいだにスタッフたちでああだこうだと試行錯誤しながら棚作りを行ってきました。多ジャンルに渡った本を置けるからこそ選ぶのが難しく、どう置けばこの本の魅力が伝わるか、どう置けば楽しいか、そしてどう置けば美しいか、を常に考えつつ。ただ、生活全般にわたる楽しい本、美しい本、面白い本というのは、選ぶ側も楽しく、お客様に反応いただくたびに嬉しくやりがいを感じたものでした。その小さな積み重ねが現在の棚の基礎となっています。

f:id:keibunshabooks:20160727223758j:plain

今回あらためてそんな生活館の本棚を見直し、10年の節目…でもないですが、そこから我々の思う「素敵な本」を一冊ずつ選んで今後はオンライン上でもご紹介してゆきます。なかには、懐かしい本、新しい本、そして売れた本も(さほど)売れなかった本も混じっています。ジャンルにこだわらず、魅力ある本をご提案する、ひいては、生活館という生きた売り場の魅力も少しでも感じていただければという思いで、またぺージづくりを行いますので、ぜひこれからもご覧下さい。巷では日々たくさんの生活にまつわる本が生まれていますが、そこからどんな本をすくい上げてゆけるか、これからも生活館の本棚の試みは続きます。
 
「生活館の本棚から」コーナーは こちら
 
(能邨)