読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

Kite新刊ツアー『山の名前がわからない』

 

f:id:keibunshabooks:20170514112317j:plain

f:id:keibunshabooks:20170514112938j:plain

Kite(カイト)は、本の企画から制作、販売までも行うアーティストとデザイナーによるブックレーベル。3冊の新刊出版を記念した展示会を、昨日よりギャラリーアンフェールにて開催しています。

f:id:keibunshabooks:20170514112904j:plain

『山の名前がわからない』
加納千尋さんによる写真集。真夜中のサービス・エリアの風景と、高速バスの車窓で構成。トラックの荷台に掛かるビニールから着想を得たというビニールクロスの表紙に、シルクスクリーンで印刷。デザインは阿部航太さん。

f:id:keibunshabooks:20170514113000j:plain

『pinhole』
阿部海太さんの絵と、amakentさんの文章による絵本。部屋を覗き込むように、小窓のついた外函と、本誌の不揃いなページ、造本も含め物語であることを体現しています。

f:id:keibunshabooks:20170514113013j:plain

『small trees vol.2』
辻角光志朗さんによる建物のドローイング集の2号目。前号に引き続いて壁紙を表紙としています。頭ではなく、手が書いた線を心掛けたという、意図から離れた家々。
 
新刊は内容と形態ともに異なりますが、読み手のイメージを膨らませる「余白」が共通してあるように思います。押し付けるでも、突き放すのでもない、読み手との程よい距離。ひとページずつ咀嚼して、自分の反応を試してみたい気持ちに駆られます。
 

f:id:keibunshabooks:20170514113100j:plain

f:id:keibunshabooks:20170514113106j:plain

初日はKite書籍の装丁を手がける村上亜沙美さんの製本教室も開催。参加者の方には会場内で、凧型のしおりをつけた、空色の上製本ノートを仕立てていただきました。完成品は会場の芳名帳に使用していますので、ご来場の際はあわせてご覧くださいませ。
 
Kite新刊ツアー2017 『山の名前がわからない』
5月13日〜5月22日
恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール
 
Kite の当店取り扱い書籍は こちら
 
(田川)