読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

今週の新入荷、4月第2週

春眠暁を覚えず。瞼を擦りながら、毎晩遅くまで読まなくてはならない本を少しずつ読み進めています。「積ん読」という言葉は日本独自のものだそうです。買った本、貰った本。放っておいてもいいはずなのに、奇妙な義務感に追われて読みはじめ、気がつけば朝!それでも寝不足とはいえ、気分が良い近頃の陽気です。店頭で欠伸をしているのを見かけたらどうか見逃してください。

 

さて、それでは「今週の新入荷」、4月第2週をお届けします。

 

f:id:keibunshabooks:20170414173854j:plain

「住」の観点からミニマリズムを紹介し、未来の住環境について考察するグループYADOAKRI。そちらから発行されている『月極本』というリトルプレスがあります。80年代に朝日出版社から発行されていた「週刊本」をモチーフにしたと思われる、洋書のペーパーバックのような造本の新書サイズの本。ここ数年、ミニマリズムという言葉を単なる断捨離や節約として解釈されるような紹介をする書籍が増えた中で『月極本』は、世界の小さな住まい方の実践例を多数列挙しつつ、死生観やパーマカルチャーなどのテーマが並んで語られる毎回気持ちの良い一冊です。

先日届いた3号目の主題は「好きなお金、嫌いなお金。」児童文学『モモ』の著者ミヒャエル・エンデが警鐘を鳴らしたように、もちろんお金は大事なものだと前置きをしながら、貨幣経済への疑問を投げかけます。お金の本質を見極めるべく、大手証券会社を辞め、世界46カ国を旅した元証券マン・渡邊賢太郎さん、「murmur magazine」にも登場した、東京アーバンパーマカルチャー創始者・ソーヤー海さんへのインタビュー。「個性派書店が選ぶお金を知るための50冊」のトピックでは、当店も3冊の本を紹介させていただきました。なぜか、毎回他の書店さんと挙げた本が被ります。被った本は、それだけ良いものだということで納得いただければ。

 

f:id:keibunshabooks:20170414173922j:plain

当店でもお馴染みの編集者・早川茉莉さん。早川さんが編んだ森茉莉の単行本未収録作品を多数収めた3冊のアンソロジーブック『紅茶と薔薇の日々』、『贅沢貧乏のお洒落帖』、『幸福はただ私の部屋の中だけに』。自分の好きなものに囲まれて暮らす森茉莉の麗らかな日々。早川さんは「森茉莉もまた、優雅だった時代の記憶をとどめ、時を軽やかに行き来する魔法を持っていたのだと思う。」と解説します。懐古とはまた違った、それよりもきっと美しい感情。当初の予定通り3冊目の刊行を迎え、ひとまずの区切りとなりました。ぜひ3冊揃えて本棚に並べていただきたい、ちくま文庫オリジナルの作品集です。いずれも装画を山下陽子さんのコラージュが彩ります。

 

f:id:keibunshabooks:20170414174031p:plain

f:id:keibunshabooks:20170414174038p:plain

山下さんのシックで、耽美な作品たち。LIBRAIRIE6/シス書店にて開かれた新装版山尾悠子歌集『角砂糖の日』出版記念展を機に誕生した『跳ね兎』は、短歌十首それぞれに山下さんの挿画を配したカードセットです。こちらも新たに入荷しています。限定600部の発行のため、ご希望の方はお早めに。

 

オランダ・アムステルダムに拠点をおく、インディーズ系アートブック専門のディストリビュータ・IDEA BOOKS。季節が変わるたびに、イベントスペースにて取扱洋書の展示と受注会を開催しています。先月の受注会にて店用に注文したアートブックが数点入荷いたしましたので、ご紹介します。

f:id:keibunshabooks:20170414174323p:plain

f:id:keibunshabooks:20170414174329p:plain

アムステルダム国立美術館で開催された日本画の展示会「ジャパン・モダン」のカタログ『Japanese Prints From The Elise Wessels Collection』。伊東深水や竹久夢二の美人画、川瀬巴水による日本各所の風景画、川西英によるエキゾチックな神戸の街並みを描いたものを収録した、オランダ人デザイナー・Irma Boomのセンスが光る大ボリュームの一冊。

 

f:id:keibunshabooks:20170414174459p:plain

シカゴのハイウェイを疾走する色とりどりのトラックを、ボールペンとフェルトペンで描いた『Trucks』。オランダの画家・ジョルジュ・ヘンドリク・ブライトナーが描いた着物を纏った少女たちの絵を集めた展示会の図録『Breitner / Girl In A Kimono』。紹介しきれそうにありませんので控えますが、ここに挙げた以外にも興味深いアートブックが入荷しています。

 

ニットデザイナーの三國万里子さんと料理家のなかしましほさんのタッグによる新雑誌『スール』(ほぼ日)、京都に住んでいると意外と出向かない名物スポットや、住んでいるからこそ見つけた居心地の良い場所を描いたコミックエッセイ『京都ご近所物語』(イースト・プレス)、ライターの大平一枝さんが、気になる16人に自身の宝物をたずねた記録『あの人の宝物』(誠文堂新光社)、などなど他にも気になる書籍が多数届いています。

 

それでは、来週もお楽しみに。

 

(鎌田)

 

≪今回紹介した本≫

『月極本 3』YADOKARI

www.keibunsha-books.com

『幸福はただ私の部屋の中だけに』森茉莉 早川茉莉編 筑摩書房

www.keibunsha-books.com

『跳ね兎』短歌:山尾悠子 挿画:山下陽子 LIBRAIRIE6

www.keibunsha-books.com

『Japanese Prints From The Elise Wessels Collection』Marije Jansen Rijksmuseum

www.keibunsha-books.com