読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

affordance「革カバンと革小物 展」

ギャラリーアンフェールでは現在『affordance 革カバンと革小物 展』を開催中です。神奈川で革製品を制作されているaffordanceさん。各地で展示会やクラフトフェアに出展されていましたが、京都での個展は今回がはじめてとのことで、この機会にぜひたくさんの方にご覧いただきたい展示です。

f:id:keibunshabooks:20170222021258j:plain

ギャラリーにはいろんな形の革カバンや革小物がずらり勢揃い。affordanceで使われているのは日本製のタンニンなめしの牛革をベースにした、オリジナルのヌメ革。軽くて丈夫で柔らかく、革本来の風合いが残る味わい深い革が使用されています。

f:id:keibunshabooks:20170222021433j:plain

革製品といえば、使っていくうちに風合いが変化してだんだんと手に馴染んでいく過程も持つ人だけが楽しめる醍醐味。会場には経年サンプルも展示されていて、新しいものと並ぶとその違いが一目瞭然。深い色合い、柔らかくしっとりつややかで表情豊かに変化した姿は、愛らしさすら感じるほど。

 

種類やサイズが豊富に揃った革小物。男女問わずきっとお気に入りがみつかるラインナップです。どこか愛嬌のあるデザインで選ぶのも楽しい!

f:id:keibunshabooks:20170222021353j:plain

f:id:keibunshabooks:20170222021410j:plain

こちらは「mushi」という名前のついたちょっと変わった”顔”をした小銭入れ。口を開くとコインの受け皿になってくれる優れものなデザイン!カバンから取り出すのが楽しくなるような小物です。

f:id:keibunshabooks:20170222021404j:plain

書店での展示会ということで作っていただいたというブックカバーはステッチが可愛らしいシンプルなデザインで、お気に入りの本を持ち歩くのにぴったり。

 

シンプルながらも一つ一つ使いやすさにこだわってデザインされたカバンたち。

f:id:keibunshabooks:20170222021421j:plain

f:id:keibunshabooks:20170222021314j:plain

ちょっとしたお出かけに便利なかさばらないショルダーや軽くて肌馴染みのいいリュックやトート。物の出し入れがしやすくて、たっぷりものを入れても、スマートな印象のかろやかでシンプルなカバンは通勤通学やお出かけ、どこにでも連れて歩きたくなりそう。

f:id:keibunshabooks:20170222021323j:plain

どのアイテムもaffordance定番色のベージュ/ダークブラウン/ブルーグリーン/朱の4色をご用意。(一部アイテムはカラーによって追加加工料金がかかります)カバンは基本的に受注となりますが、在庫のあるものはすぐにお持ち帰りいただけます。持つ人とともに成長する革小物、新生活に向けた贈り物にいかがでしょう。

 

そして今回の展示に合わせて、ギャラリー内でワークショップも急きょ開催が決定しました!今回はブックカバーとパスケース、2つのコースをご用意。刻印もできるので、お名前や模様を入れて自分だけのオリジナルをつくってみてはいかがでしょう?初めての方もどうぞお気軽にご参加くださいませ。(詳細は下記をごらんください)

f:id:keibunshabooks:20170222022000j:plain

 

私も、祖母からもらった革カバンを長く使っていますが、くたくたになってきてもクリームを塗ったり磨いたりして手を入れれば元気になってくれる革小物には、いつまでも一緒にいたくなる相棒のような安心感があります。革の魅力がたっぷりつまった展示、ご来場を心よりお待ちしております。

f:id:keibunshabooks:20170222021425j:plain

 

affordance「革カバンと革小物 展」

開催期間:2017年2月14日(火)-27日(月)

開催時間:10:00-21:00(最終日は18:00まで)

開催場所:ギャラリーアンフェール

f:id:keibunshabooks:20170222022641j:plain

革カバンや革小物を作っておりますaffordance(アフォーダンス)と申します。

恵文社一乗寺店さんには7年程前に友人に連れられて初めて訪れました。

愛がある陳列やその空間が素敵でついつい長居した事を今でも覚えています。

いつかこういう空間で展示したいと思っていましたが、今回念願叶っての展示になります。

前置きが長くなりましたが、

展示では定番品に加えて、カバンの新作や端切れを使った1点物も展示販売致します。

この機会に是非お越しくださいませ。

---

affordance=行為を引き出す/誘う (心理学者J・J・ギブソンが作った言葉です。)

全ての物事・環境が動物の行為をうながしている。というとらえ方です。

何気ない日常の中で生まれる様々な行為や感じる事、

affordanceはその一つのきっかけになりたいと考えます。

http://www.affordance-play.com/

 

●●affordance革小物づくりワークショップ開催決定!●●

affordanceによる革小物づくりワークショップを開催します!

好きな色の革を選んで、目打ち、刻印、手縫い、コバ処理などを体験しながら革小物をつくっていただけます。お手入れをしながら長く愛用できる革小物、自分でつくれば愛着もひとしお。ぜひお気軽にご参加くださいませ。

★好評につき27日(月)10:00-16:00も開催します!
材料がなくなり次第終了となります。
(飛び入り参加も可能ですが、事前にご一報いただくのが安心です)
この機会にぜひご参加くださいませ。

[開催日時]

2017年2月25日(土)13:00-19:00/26日(日)10:00-19:00

*随時受付(ご予約優先/なるべく事前ご予約をおすすめします)

[場所]

ギャラリーアンフェール内

[コース]

▽ICパスケースを作ろう

参加費:¥2,000(税込・材料費含む)

所要時間:60分程度

▽革でブックカバーを作ろう

参加費:¥4,000(税込・材料費含む)

所要時間:90分程度

---

・一度に最大4名様まで参加可能。

・各コース、革色はaffordance定番4色(ベージュ/ダークブラウン/ブルーグリーン/朱)と黒の計5色からお選びいただけます。

・材料がなくなり次第終了いたします。

[ご予約方法]

ご予約なしでもお席が空いていればご参加可能ですが、

ご予約優先となりますので、なるべく事前予約いただくことをおすすめします。

「お名前/希望コース/希望時間/人数」をメールか電話にてお知らせください。

---

恵文社一乗寺店(担当:上田)

TEL:075-711-5919

メール:enfer@keibunsha-store.com

 

 

(上田)