読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

今週の新入荷、2月第1週

書籍

毎週金曜日、その週に入荷した活きが良い本をご紹介。

 

f:id:keibunshabooks:20170203164153j:plain

今週の一冊目は、画家・猪熊弦一郎初の写真集『ニューヨークの壁/WALLS IN N.Y.C.』です。アンリ・マティスに学び、フランスをはじめ海外での滞在を通じてその見聞を広げた猪熊弦一郎。フランスに渡る途中ではじめて訪れたニューヨークに魅了され、その後20年間、同地に拠点を置き、活動を続けます。

f:id:keibunshabooks:20170203172131j:plain

写真好きでもあった彼が、そのとき出会った街中のガラクタや、落書き、広告の剥がし跡を写し取った作品を半世紀の時を経て編纂された写真集がこちらの一冊です。注目していただきたいのは、おそらく本人によるものだと思われる、スライドの余白に書き込まれた文字や印です。他の写真集にはないこの書き込みがより一層この作品群を独特のものへと仕上げているのではないでしょうか。これらの写真が撮られたのは、1950年後半から1960年代。その後グラフィティ・アートが街に溢れかえるよりも以前にその萌芽を見出していたあたり、感心するほかありません。

 

f:id:keibunshabooks:20170203164219j:plain

f:id:keibunshabooks:20170203172056j:plain

「たがいに無関心を装いながらゆるい坂道をのぼってきた人々の大半が、丘のうえの交差点を直進して、目的地の絞られる一本道へとぞろぞろ入り込んでいく。」

011p 青少年のいる光景より

 クラシックミュージックに捧げる、堀江敏幸初の音楽エッセイ『音の糸』。冒頭の一文を読み、たしか帯にはエッセイと書いてあったはずだと、思わず一度本を閉じ、表紙を見なおします。とたんにそのあまりに端正な文体には、その線引きが無意味だったことを思い出し、あらためてその世界へ。音楽に明るい方はなおさらのことでしょうが、自らの体験を田中小実昌調に書いていたり、さすがのセンスに、クラシックに明るくない私も存分に楽しめました。

こちらの作品が連載されていたのは『クラシックプレミアム』というCD付きの雑誌。堀江さんの文章は逐一追ってきたつもりでしたが、どうりで見逃していたわけです。

 

f:id:keibunshabooks:20170203164231j:plain

昨日入荷したばかり、写真家・植本一子さんのひりつくような日常の記録『家族最後の日』。母との絶縁、義弟の自殺、そして夫の癌。日記を書くことからはじまった家族と向き合うための日々。光り輝くような植本さんの写真とは対照的に、誰しもが抱える心のうちの薄暗い部分が淡々と綴られているがゆえに、ひとつひとつの何気ない心情が、どうしようもなく読む者に突き刺さります。「今を生きてる?」と私たちに問いかけ、同時にそっと傍に寄り添っていてくれる一冊です。※サイン本は完売しました。

 

f:id:keibunshabooks:20170203164243j:plain

 

f:id:keibunshabooks:20170203164301j:plain

ロンドンのインディペンデントプリンティングスタジオ、Hato Pressより発行されている、ロンドン在住のアーティスト、ジェイ・カバーのイラスト作品集『Flat』。マティーノ・ガンパー、チャールズ&レイ・イームズ、マックス・ラムなどのデザイナーたちの家具が置かれた室内に、様々なスケールの動物たちが限りなくシンプルな味のあるタッチで描かれています。発色も鮮やかな一冊です。

 

その他、年に一度のお楽しみ、みすず書房のPR誌『みすず 読書アンケート号』、黄色い表紙が目印の『Spectator vol.38』赤塚不二夫特集(特典ノートブック付き)、鳥好きにはたまらない「WONDERVOGEL/渡り鳥」特集の小冊子『murren vol.20』、昭和から続く名店とその時代を築いてきた者と、それを継いだものへのインタビュー集『昭和の店に惹かれる理由』など、魅力的な新刊が多数入荷しております。

 

店内BGMのこと。

f:id:keibunshabooks:20170203173057j:plain

最近頻繁に流している、オレゴン州の小さな町に生まれたシンガーソングライターLaula Gibsonの「Empire Builder」(当店でも近日取扱開始!)。優しく可憐な彼女の歌声とキャッチーな旋律が見事に融合した傑作です。先日、京都アバンギルドでのライブでは、ギターとピアノを持ちかえ、ときどきワインを口にしながら、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。店頭にお越しの際は、耳を傾けてみてください。

 

それでは長くなりましたが、また来週どうぞお楽しみに。

 

《今回紹介した本》

『ニューヨークの壁』丸亀市猪熊弦一郎美術館

http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000020779/

『音の糸』堀江敏幸 小学館

『家族最後の日』植本一子 太田出版

http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000020804/

『Flat 2nd edition』Jay Cover Hato Press

http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000020795/

(鎌田)