読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

『野菜たっぷり すり鉢料理』出版フェア

ワークショップ ミニフェア

 

f:id:keibunshabooks:20170112180038j:plain

f:id:keibunshabooks:20170112180048j:plain

現在、生活館入ってすぐのスペースには、「すり鉢」がずらり。宮本しばにさんの著書『野菜たっぷり すり鉢料理』出版フェアを開催しています。創作野菜料理家であり、また「みんなのミシマガジン」にて、住まいや仕事も異なる人々の「おむすび」をめぐるコラム「みんなのおむすび」を連載されていたりと、多方面で活躍されている宮本さん。今回ご用意頂いたすり鉢は、自ら運営するキッチンツールサイト「studio482+」でも紹介されている山只華陶苑さんのもの。どんぶり鉢ほどの6寸のものから、リム付きの片口タイプ、グッドデザイン賞も受賞した、存在感のある8寸サイズまで。

f:id:keibunshabooks:20170112180103j:plain

f:id:keibunshabooks:20170112180110j:plain

何よりの特徴は、9年かけて編みだしたという波紋のすり目。真上から見ると、均整のとれた模様の美しさがよくわかります。このすり目は、金属の先が櫛状になった櫛目という道具を使い、開発者である七代目・加藤智也さん自ら目たて(すり目を入れる作業)を行っています。宮本さんがすり鉢料理にのめり込んだのも、加藤さんのすり鉢に出会ったことが始まりだそう。食材をすりつぶすのはもちろん、混ぜ合わせるボウル代わりに、また、そのまま器として食卓にも運べる、堂々とした佇まい。日本ならではのこの台所道具を、改めて見直してみてはいかがでしょう。

※すべて受注商品になりますので、3月末にお引渡し予定です。

f:id:keibunshabooks:20170112180121j:plain

1月21日には宮本さんをお迎えしてワークショップも開催致します。
是非あわせてお立ち寄り頂けましたらと思います。

----------

『野菜たっぷり すり鉢料理』
すり鉢の魅力を体験するワークショップ
開催日:1月21日(土)
第一部 13:00〜14:30 / 第二部 15:30〜17:00 ※各回、内容は同じです
会場:恵文社一乗寺店COTTAGE
定員:各回20名
参加費:1200円

詳細はこちら

 

(田川)