読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

書と篆刻の講座 6回目のお知らせ

ワークショップ

昨年5回にわたって講座を行ってきた書家・華雪さんによる「書と篆刻の講座」。線をテーマとした当講座も、今月29日の回で最後を迎えます。

書といえば、つい昨日終了した「恵文社 冬の大古本市」にて書家・井上有一の書籍を見つけました。生誕百年を記念した回顧展も開催され、昨年改めて注目を浴びた井上ですが、本書はタイトルの通り「鳥」という一文字を書き連ねた作品群をまとめたものです。

f:id:keibunshabooks:20170110224929j:plain

f:id:keibunshabooks:20170110224936j:plain

f:id:keibunshabooks:20170110224945j:plain

f:id:keibunshabooks:20170110224954j:plain

芭蕉の絶唱「この秋はなんで年よる雲に鳥」という句に心動かされたことが、この文字に取り組んだきっかけだそうですが、伸びやかで強い線の軌跡、一字ごとに全く異なる印象を与えるかたちに、書の自由さが伝わります。それは華雪さんの講座における、習字や書道の規範に捉われず、自分なりの書きぶりを探す点とも通じることでしょう。

 

連続で行ってきた講座ですが、今回のみの受講も可能です。
ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 --------------

1月29日(日) 書と篆刻の講座6回目

【篆刻】11:00-13:30
「線」と余白、そして“欠け”――無造作な「線」

【書】15:00-17:30
「線」と余白――現代の創作に見る「線」

受講料:各回6,000円(材料費込)
※篆刻と書を通し受講の場合10,000円

会場:恵文社一乗寺店ワークルーム

 

お申込み詳細はこちら 

過去の講座の様子はこちらから

 

(田川)