読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

冬物入荷のお知らせ③

商品入荷のおしらせ

群馬県の卯三郎こけしさんから、とんがり帽子に癒しの表情のツリーサンタ、コロコロ並べるとかわいい豆こけしやミニサンタなど、クリスマスこけしが入荷しています。今シーズンは真っ赤な衣装に白い髭、笑顔が素敵な手の平サイズのミニサンタ(大)と(特大)が特に人気です。

f:id:keibunshabooks:20161201174926j:plain

f:id:keibunshabooks:20161201174935j:plain

卯三郎こけしさんは、初代・岡本卯三郎さんが昭和25年よりこけしを作りはじめ、日本の伝統工芸品である「伝統こけし」に対して、「創作こけし」と呼ばれる形やデザインにとらわれないこけしを制作。現在は6人の作家さんがデザインを担当し、日本国内だけではなく、ヨーロッパを中心に18カ国に輸出されています。

こけしの材料は、木肌が白く木目が目立たない落葉高木「ミズキ」です。製材から一貫体制で行い、原木の乾燥、ろくろ挽きから磨き、絵付、塗装、組立など10段階の工程を経て「創作こけし」は出来あがります。

f:id:keibunshabooks:20161201174944j:plain

写真左のミッフィー(雪の日)は購入から3年ほど経過した私物です。新しいものと比べてみると、ほんの少し木肌の色が濃いのがわかります。ずっと大切に飾り続けていけば、さらに深い色合い馴染んでいくかとおもうと愛おしくなります。絵本「ゆきのひのうさこちゃん」は、うさこちゃんシリーズの中でも洋服の可愛らしさが目をひきます。うさこちゃんの冬の装いをそのまま「創作こけし」で再現し、その完成度の高さはさすが卯三郎こけしさんです。

12月、いよいよクリスマスまでカウントダウン!お家や職場の棚の上に、ちょっとしたクリスマスコーナーを作ってお楽しみください。

(萩原)