読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

LAVVO mini fair

f:id:keibunshabooks:20160925120710j:plain

浜辺で拾ったカシパン(ウニの仲間)の殻をきっかけに、海や森でのコーミング(拾いもの集め)を始めた結城伸子さん。2014年に『海と森の標本函』(グラフィック社)を出版されたのも記憶に新しいところ。普段は自然からインスピレーションを受けたものをかたちにする、LAVVO というブランド名で活動されています。当店でもこれまで、ドングリの編棒やウニの殻のランプなど、繊細でファンタジック、独自の世界をもつ作品たちを販売させて頂きました。

f:id:keibunshabooks:20160925122428j:plain

LAVVOとは、ラップランドに暮らす先住民族サーミ人が使う移動用のテントの名前。ピューター糸を使用した細かな刺繍や、トナカイの革小物、手編みのミトンなど、サーミの手工芸はどれも魅力的。遊牧しながら暮らす彼らは、円錐状に組み立てた柱を毛皮で覆い、テントとします。その床に白樺の小枝をひきつめ、毛皮のカーペットを敷き、森や海でひろってきたものを飾ったり、、そんなイメージを膨らましつつ、結城さんは製作されているそうです。

さて11月15日〜30日までの2週間、当店アンフェール一角にてLAVVOのミニフェアを開催します。展示内容に関しては、追ってご紹介していきたいと思いますが、まずはワークショップのお知らせを。

-----

LAVVO ワークショップ

「サーミのピューター刺繍入りペンダント、ピューターブレスレット」

f:id:keibunshabooks:20160925122447j:plain

日時:11/19(土)
1部 10〜13時(ペンダント
2部14時半〜17時半(ブレスレット) 

各部ともに定員に達したため受付終了いたしました。

第1部では刺繍入りペンダント、第2部ではピューターブレスレットを製作いただけます。各部ごとの受付です。第1部にご参加希望の方は、申し込み時に希望のお色(黒革×クロス または 白革×サークル)をお選びください。

 

参加費:5,800円(材料費込)
持ち物:ハサミ
場所:恵文社一乗寺店ワークルーム

 

お申し込み:恵文社一乗寺店アンフェール

メールまたはお電話にてお申し込み願います。参加費は全て先払い(10日以内に、店頭でのお支払い、または郵便振替)にてお願いいたします。お申し込み後に、お支払い方法の詳細をご連絡いたします。
メール:enfer@keibunsha-store.com
電話:075-711-5919

-----

 

2014年に当店で行ったフェアの様子はこちら から 

 

(田川)