恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

前田一郎 8月のガラス

f:id:keibunshabooks:20160807112206j:plain

f:id:keibunshabooks:20160807112716j:plain

f:id:keibunshabooks:20160807112727j:plain

f:id:keibunshabooks:20160807112740j:plain

前田さんの作品は、大げさに言うと、ぐにゃっとしています。平皿が丸くなかったり、軸がずれていたり。まるで子供が手にした柔らかなクレヨンが、紙を擦り自由な軌跡を描くように、ガラスの硬度を感じさせない変幻自在な印象。作家の主張や模倣から逃れたこれらの形を眺め、前田さんが作ればそうなるしかないのだろうな、と思います。

今回は昨年の展示では無かった、薄茶色の蕎麦猪口、水色の平皿も並んでいます。この淡く青みがかった器は、お酢の瓶や窓硝子などを溶かして作ったもの。かつてはビール瓶も素材に用いていたそうですが、現在は瓶の品質も変わり、使いにくくなってしまったのだとか。

透明な器が一覧できる会場は、涼しげな風が吹いているようです。


前田一郎 8月のガラス
恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー
8月6日〜8月19日


(田川)