読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

「ほどけて蝶になったリボン」のお知らせ

3月15日(火)から3月31日(木)の間、アンフェールでは布や革を染色したコサージュやアクセサリーの企画から制作・販売を行う川端さよこさんのミニフェア『ほどけて蝶になったリボン』を開催します。今回は中でも人気のすみれの花の砂糖漬けシリーズからドーナツのの制作過程を少しご紹介いたします。

すみれの砂糖漬けといえば一般にはウィーン皇妃が愛したお菓子として有名。川端さんはすみれの砂糖漬けをモチーフとして、布とフェイクシュガーを用いた上品な色合いのアクセサリーを制作しています。

まず、布を花びらの形に切り抜き、それぞれ花のパーツごとに染色します。

 

f:id:keibunshabooks:20160421121950j:plain

 

しばらく乾かすと柔らかい色合いに。ここでコテあてをして布に熱を入れ、1つ1つウェーブをつけていきます。この作業で本物の花びらのようなカーブを表現していきます。また花びらにも刺繍糸で模様を施しているところも川端さんならではの細かいお仕事。

 

f:id:keibunshabooks:20160421122058j:plain

 

ここまで完成したら次は花の組み立てです。それぞれのパーツに分かれている花びらたちを組み合わせ、ボンドで接着します。仕上げにフェイクシュガーをまぶしたらすみれの花の砂糖漬けの完成。

 

f:id:keibunshabooks:20160421122140j:plain

 

すみれと小花が完成したら、ドーナツ型の土台を作り、その上に飾り付けていきます。優しい色合いのすみれの花の砂糖漬けドーナツが完成しました。

 

f:id:keibunshabooks:20160421122159j:plain

 

インテリア雑貨としてお部屋に飾っても、また後ろにピンがついているのでブローチとしてレースなどの繊細なお洋服などとあわせても映える作品。フェアでは今回ご紹介したラベンダーカラー以外にもヴィオレット、スカイブルーのお色も御用いただきましたのでお楽しみに。その他植物をモチーフとしたアクセサリーやインテリア雑貨などをご用意いただきます。細やかに表現された川端さんの世界は写真では伝わらない独特な空間となりそう。時を経るごとに表情を変えていくような、そんな味わい深い作品ばかりです。

展示は来週の火曜日3月15日より約2週間。最終日3月31日(木)は18時で終了になりますのでお気をつけくださいませ。

皆様のご来店をこころよりお待ちしております。

 

f:id:keibunshabooks:20160421122305j:plain

 

ほどけて蝶になったリボン
出展者:sayoco(川端さよこ)
会期:2016年3月15日~3月31日(※最終日は18時まで)
会場:恵文社一乗寺店 アンフェールミニフェア

 

(冨永)