恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

書籍

今週の新入荷、9月第3週

現在、神戸のKIITOで開催中の「Robert Frank: Books and Films, 1947-2017」展。ある年上の友人にその話をしていたら、後日神戸に行ったからとその展示図録を買ってきてくれました。小さい頃父親が仕事の帰りに玩具を買ってきたときのあの気持ち。前に中国に…

今週の新入荷、9月第2週

今週の新入荷、9月第2週をお届けします。 今週まずご紹介するのは、2015年台湾をともに訪れた二人の青年が、10日間に及んだ旅程を二年越しに振り返り、撮りためていた写真を並べながらそれぞれに旅の記憶を綴った旅行記、壇上遼+篠原幸宏『声はどこから Wher…

2017年8月書店売上ランキング

生活館で開催中の地方のお菓子やパンを集めたフェアで買ったモンパルノの牛乳パン。得も言われぬパッケージと、「ベビーとママの」という言い回しもなかなかですが、素朴な味とずっしりと凄まじい食べ応えで、幸福な朝を楽しむことができました。このあたり…

今週の新入荷、9月第1週

今週の新入荷、9月第1週をお届けします。 まずは、石川直樹さんの写真集『知床半島』から。 標高6194m。アラスカの最高峰デナリ単独登頂に成功した僅か一ヶ月後に訪れた知床半島。北海道の東端、オホーツク海に突き出した最涯ての地。流氷やホエールウォッチ…

「お菓子の包み紙」&「地元パン手帖」合体フェア②

甲斐みのりさんの著書『お菓子の包み紙』『地元パン手帖』を記念したフェアが、9月2日(土)より始まります。先のブログでは販売予定のお菓子やお茶、コーヒーに関してご紹介しましたが、続いては「地元パン」から。 島根「なんぽうパン」さんから「バラパン」…

今週の新入荷、8月第4週

今週の新入荷、8月第4週をお届けします。 “ラシカルガイプ(コワール語)”=「一過性の妖精の大群」”ボロソコモダップ(ドホイ語)”=「莫大な量の小さな何かが降る」”ツウォホ(ツィムシアン語)”=「寝る前におやつを食べる」”イヨマンテ(アイヌ語)”=「…

「お菓子の包み紙」&「地元パン手帖」合体フェア①

生活館にて9/2(土)から、甲斐みのりさんの著書『お菓子の包み紙』と『地元パン手帖』を合体させたフェアが開催されます。先日チラシも刷り上がり、現在店内ほかにて配布中ですが、詳細が続々決まっておりますので、こちらスタッフブログでもご紹介致します…

今週の新入荷、8月第3週

今週の新入荷、8月第3週をお届けします。 何かと良くしていただいている「器と本の店 nowaki」さん。少し前まで開催されていたnakabanさんの展示に際して発行された一冊『Turpentine』が届きました。2年前刊行された『よるもや通信集』に続く、nakaban漫画集…

今週の新入荷、8月第2週

今週の新入荷、8月第2週をお届けします。 2017年、創業60年を迎えた長野県の霧ヶ峰高原沢渡に佇むクヌルプ・ヒュッテ。今週まずご紹介するのは、小屋主人の松浦夫妻や常連としてこの場所に集う人々へのインタビューを通じて"クヌルプ"の60年の来歴と高原の豊…

今週の新入荷、8月第1週

今週の新入荷、8月第1週をお届けします。 先ほど終わったばかりの「数学ブックトーク」。独立研究者の森田真生さんが、数学にまつわる本を紹介し、その魅力を解説する毎回人気のイベントです。当店では3ヶ月に一度開催しています。2年前、30歳という若さでデ…

2017年7月書店売上ランキング

7月は写真家のドキュメンタリー映画を二本見ました。「パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>」「Don't Blink ロバート・フランクの写した時代」。まだ学生の頃、祇園の京都現代美術館〈何必館〉で両者の写真展を見て以来、心の中でずっとこ…

「世界をきちんとあじわうための」ブックフェア・トークイベント

店頭フェアのご案内。 『世界をきちんとあじわうための本』ホモ・サピエンスの道具研究会 ELVISS PRESS 呼吸をする。靴を履く。鞄を持つ。電車を待つ。 何気ない日常の動作の中に隠された、あるいは普段気づきもしない、世界をあじわうためのヒント。当たり…

今週の新入荷、7月第4週

今週の新入荷、7月第4週をお届けします。 『NEUTRAL』『TRANSIT』などのトラベルマガジンを世に送り出してきた編集者の加藤直徳さん。彼が新たに手掛ける雑誌『ATLANTIS』創刊に先がけ、新雑誌を生み出すまでの過程そのものを6冊にわたって丹念に追いかけるz…

今週の新入荷、7月第3週

今週の新入荷、7月第3週をお届けします。 マガジンハウス「ku:nel」創刊時の編集長・岡戸絹枝さん、新潮社「考える人」創刊時の編集長・松家仁之さん、アートディレクターの有山達也さん。雑誌制作のオールスターともいえる3人が、「人生の先輩の話を聞くあ…

今週の新入荷、7月第2週

今週の新入荷、7月第2週をお届けします。 鳥取を拠点に、厳選した自然の素材を用いた有機的なファッションプロダクトと表現を行うアパレルブランド、「THE HINOKI」。今週まずご紹介するのは、本ブランド初のコレクションブック『THE HINOKI Yuhki Touyama 2…

今週の新入荷、7月第1週

その週に入った活きの良い本をご紹介する「今週の新入荷」、7月第1週。 ご近所さんから、何冊か本が届いています。 まずは、恵文社から自転車で10分。浄土寺のホホホ座さん編集・発行の『焙煎家案内帖(京都編・一)』。自家焙煎の豆を扱う、京都の喫茶店、…

2017年6月書店売上ランキング

急にゴーヤチャンプルが食べたくなることってありませんか。昨日ふと衝動に駆られて、ゲリラ豪雨のなか、スーパーをはしごすること3軒。結局、肝心のゴーヤが見つけられず、出かける前に念入りに組み上げた隙のない献立は見事に崩れ去りました。常にスーパー…

今週の新入荷、6月第5週

今週の新入荷、6月第5週をお届けします。 今週まずご紹介するのは、1800年代後半に生きたアイルランド系アメリカ人の測量技師、マーク・ポインターの『造物記』。新大陸を目指し航海を開始したもののやがて難破してしまう船に居合わせた彼が漂流の末たどり着…

今週の新入荷、6月第4週

暑い。気がつくと近頃カレーばかり食べているような。今日、明日とスパイスカレーの第一人者水野仁輔氏によるカレー教室が当店のイベントスペースにて開かれています。普段、家でカレーを作るときはいつも水野さんの本を参考にしていて、カレー作りに慣れて…

今週の新入荷、6月第3週

今週の新入荷、6月第3週をお届けします。 短歌の絵を一日一枚描き、それらをまとめた『食器と食パンとペン』でもお馴染みのイラストレーターである安福望さんと、短歌や川柳の創作や句集のあとがき、書籍の挿絵や読書感想など多岐にわたる文筆活動を行う柳本…

『タダジュン|Dear, THUMB BOOK PRESS』原画展

イラストレーター、銅版画家として活躍するタダジュン初作品集『Dear,THUMB BOOK PRES』の刊行を記念した小さな原画展を来月、当店にて開催いたします。 本書は架空のプライヴェート・プレス<THUMB BOOK PRESS>を主宰していたサムという人物があたかも実在…

今週の新入荷、6月第2週

その週に入荷した活きの良い本をご紹介する「今週の新入荷」。 6月第2週をお届けします。 今回の一冊目は『本の未来を探す旅 ソウル』。numabooks代表、内沼晋太郎さん、編集者の綾女欣伸さんが行く、空前の本屋ブームが巻き起こる街・ソウル。本屋ブームと…

今週の新入荷、6月第1週

今週の新入荷、6月第1週をお届けします。 今週まずご紹介するのは、インディペンデントマガジン『Spectator』の39号、特集「パンクマガジン『Jam』の神話」。70年代半ばより全国各地に爆発的に普及し、街の風景の一部と化した自販機本(成人向けの娯楽読み物…

2017年5月書店売上ランキング

書店入り口の外壁に、2年ほどまえから小さなトカゲが住み着いています。トカゲの寿命がそんなに長いとは知りませんでしたし、何を食べて生きているのか見当がつきません。半年間見かけなかったのですが、先日久しぶりに顔を合わせました。よっぽど居心地が良…

今週の新入荷、5月第4週

その週に入荷した活きの良い本をご紹介する「今週の新入荷」。 5月4週をお届けします。 中国の出版社Jiazazhi Pressから発行された、どこからどう見ても煙草の箱にしか見えない、ユニークな写真集『Until Death Do Us Part』。嫌煙のご時世です。こんな写真…

今週の新入荷、5月第3週

今週の新入荷、5月第3週をお届けします。 今週まずご紹介するのは、井田千秋さんの『おさまる家』。アンティークの家具、レトロな調度品、季節の草花、お気に入りの本と洋服、あたたかい飲み物と食べものを囲む食卓の情景。童話や児童文学の世界で表現される…

今週の新入荷、5月第2週

月末に開催するユーリー・ノルシュテインのアニメーション上映会に向けた、機材確認の様子。(ここで流れているのは他の映画です。) 映画館のようにとはいきませんが、大画面でみる映像というのはやはり良いもので、機会があればこっそり閉店後にでも、ひと…

今週の新入荷、5月第1週

「Spectator」や「ソトコト」などで特集が組まれ、オルタナカルチャーの文脈でも注目される発酵。今週まずご紹介するのは、その両誌に寄稿するなど、いま最も注目される著者による発酵カルチャーブック『発酵文化人類学』。 「発酵デザイナー」という異色の…

2017年4月書店売上ランキング

越した先の大家さんがとても面倒見の良い方で驚いています。一昨日は、作りすぎたからと揚げたての唐揚げとおにぎりを部屋まで持ってきてくださいました。少し前の日本では当たり前の風景だったのでしょうか。当然、家賃は手渡し。今度はちらし寿司を作って…

滞在者の眼差しが描いた生活の街。『手繪京都日和』

昨年の秋、個人的な旅行で訪れた香港の書店の店頭で出会った一冊の本。街を南北に流れる鴨川、すぐそばを走る京阪電車、三条駅で交差する地下鉄東西線、御池~三条~四条通と接する河原町通。見慣れた街の地図上に、その土地に住み暮らす者にとってもなじみ…