恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

ミニフェア

『タダジュン|Dear, THUMB BOOK PRESS』原画展

イラストレーター、銅版画家として活躍するタダジュン初作品集『Dear,THUMB BOOK PRES』の刊行を記念した小さな原画展を来月、当店にて開催いたします。 本書は架空のプライヴェート・プレス<THUMB BOOK PRESS>を主宰していたサムという人物があたかも実在…

nani IRO、spiralarts&Co. ミニフェアのお知らせ

現在開催中、また明日より店内でスタートするミニフェアについて: まずは今週末より始まりました、テキスタイルブランドnani IROのハンカチフェアのお知らせです。水彩画家・伊藤尚美さんのアートワークから生まれるnani IROの商品は、「絵をのせる布」とし…

めでる国芳ブック『どうぶつ』出版フェア

「江戸時代の人が絵草紙屋の店先で、気に入った絵を選んで買ったように、浮世絵を1枚の絵として楽しむ」というコンセプトのもと、ひとつのテーマに60枚の絵を選び、日・英の解説を付した『めでる国芳ブック』シリーズ。「ねこ」「おどろかす」に続き、新し…

SAWA「new collection フェア」

手芸作家・松田紗和さんの新作フェアが、本日よりはじまりました。昨年春にはマクラメレースの本を上梓された松田さん。その書籍にも掲載されているような平結びのブレスレットや、フェルトを土台に、しゃこ結びと巻結びを組み合わせたブローチなど、繊細で…

BIBLIOPHILIC BOOK ITEM FAIR

夏目漱石が「吾輩は猫である」を書き上げたときから、さらに遡ればE・A・ポーが「黒猫」を思いついた瞬間から。本と猫の相性が良いことは、私たちにとって当たり前のように認識されてきました。猫が傍にいる読書の時間は、何にも代え難い至福の時間です。 そ…

フジモトマサル 表紙掲載当時の『ちくま』フェア

店内の小さな展示のご案内。 背中合わせに座り、仲良く本を読む2匹の貘のこども。 さて、このイラストからどんな物語を想像されるでしょうか。 12月の文庫化以来、当店でもたくさんの方に手にとって頂いているフジモトマサル、吉田篤弘の共著『という、はな…

二月空 ミニフェア

何かを強く訴えかけるのではなく、その場の空気や時間、目には見えないものを捉え提示した写真を用いた紙モノたち。フレームの中にある、何気ないモノクロムの景色に、ふと思考が立ち止まります。 現在アンフェールでは、フォトカードなどのオリジナルの商品…

高崎紗弥香『沈黙の海へ』発売記念写真展

飛騨、木曽、赤石。 富山湾から駿河湾まで420km。 日本海から太平洋に渡って広くのびる国内最大級の山脈、日本アルプス。最高峰は標高3,139m。森林限界を超えた地帯では、背の高い木々が育たず、岩のごろついた異様な雰囲気が漂います。 そこに息衝く崇高な…

『もう一度 倫敦巴里』と『話の特集』の特集

店内フェアのご案内。 つい先日、ナナロク社から復刊された和田誠の傑作パロディ集『倫敦巴里』。 たとえば、川端康成の「雪国」の有名な書き出しを植草甚一、野坂昭如、村上春樹ら作家やミュージシャンの文体や節で書いてみせる。007を長新太の画風で描く。…

『野菜たっぷり すり鉢料理』出版フェア

現在、生活館入ってすぐのスペースには、「すり鉢」がずらり。宮本しばにさんの著書『野菜たっぷり すり鉢料理』出版フェアを開催しています。創作野菜料理家であり、また「みんなのミシマガジン」にて、住まいや仕事も異なる人々の「おむすび」をめぐるコラ…

中村未来子さん ミニフェア

額田巌『ひも』(法政大学出版局 ものと人間の文化史シリーズ)によれば、ひもの系譜を大別すると、糸を編むひも、とワラを編む縄に分類されるそう。古くは縄文人は縄で器に跡をつけていましたし、インカ帝国では縄の結び目の玉の数や形で、アルファベットや…

ひろせべにカレンダーフェア

先にこちらでもご紹介させていただきましたが、ひろせべにさんのカレンダー発売を記念したフェアを、現在アンフェールでは開催しています。壁面を飾る大きな猫のおなかには、お寿司やぜんざい、オムライス…。この2匹に囲まれるように、カレンダーの原画が掛…

12月ミニフェアのお知らせ

12月にアンフェールでは、ふたつのミニフェアを開催いたします。 まずひとつめは、ひろせべにさんのカレンダーフェア。今回初めて、カレンダーを商品として制作された、ひろせさん。誰かとお茶を飲んだり、食事をしたり、何をたべようかと考えながら歩いたり…

LAVVO mini fair 始まりました

先にこちらでもご案内していましたLAVVOのミニフェアがスタートしました。19日のワークショップでは、ピューター刺繍入りのペンダントやブレスレットを作りますが、当フェアにおいても、北欧の少数民族サーミの工芸品に倣った作品がいくつか並んでいます。写…

Natsuko KOZUE フェアのお知らせ

11月25日より生活館フロアにて、梢夏子さんのフェアを開催します。紙や布の上に、型紙や絵筆を用いて独自の世界を表現する作家さん。この秋、当店オンラインサイトに登場した『お菓子なはこ』のパッケージデザインと制作も手掛けています。フェアのテーマは…

喫茶とインテリア WEST パネルフェア

高度経済成長期に生まれ今にのこる、33の喫茶店、洋食店を豊富な写真とともに紹介する『喫茶とインテリア WEST』(出版:大福書林)。現在書籍フロア壁面では、本書のパネルフェアを開催しています。書き手はこれまで『いい階段の写真集』『いいビルの写真集…

『she see sea.』出版記念フェア

香川に暮らすイワサトミキさん、大阪に暮らすイケダユーコさん、福岡に暮らすムツロマサコさん。海を隔て、それぞれの街で暮らす3人の絵描きによるアートブック『she see sea.』が出版されました。 冒頭に「彼女は海を見ている(=she see sea.)」という同…

LAVVO mini fair

浜辺で拾ったカシパン(ウニの仲間)の殻をきっかけに、海や森でのコーミング(拾いもの集め)を始めた結城伸子さん。2014年に『海と森の標本函』(グラフィック社)を出版されたのも記憶に新しいところ。普段は自然からインスピレーションを受けたものをか…

えちがわのりゆき ほわころくらぶ出版フェア

ほわほわ市 ころころ町にあるという ほわころくらぶ。主人公ほわころちゃんと、仲間たちの何気ない、心くすぐる日々の物語。 作者は漫画家・イラストレーターのえちがわのりゆきさん。ご自身が運営する「夫婦社」からの初めての出版物です。(この社名は、敬…

「リサ・ラーソンフェア」

生活館の扉を開いてすぐのスペースにて、「リサ・ラーソンフェア」を開催しています。 1931年にスウェーデンで生まれた、世界的な陶芸家でありデザイナーのリサ・ラーソン。彼女の名前を知らずとも、2010年に発売された絵本『BABY NUMBER BOOK』に登場した、…

陶の石ころ

普段は『石ころのヘアゴム』を中心にお取り扱いしているPoetoriaさんのミニフェアを、アンフェールで開催しています。河原で見つけた丸く平らな石、のようなこれらはすべて、陶土で出来たもの。拾う石にもそれぞれ表情があるように、ひとつとして同じものは…

わかる わかる じかんの えほん原画展

『よめる よめる もじの えほん』『わかる わかる じかんの えほん』。こちら2冊の絵本の挿画を手がけた、イラストレーターのMurgraphこと、しもだいら あきのりさんのミニフェアを、7月25日より開催します。ぼやぼや、ふわふわ、じわじわ。淡く揺らいだしも…

身近な宝石、無名の美。 『にっぽんのかわいいタイル 昭和レトロ・モザイクタイル篇』

岐阜県多治見市笠原町。たった4キロ四方のちいさなこの町にいま静かな注目が集まっています。その理由は先月4日、この町に多治見市モザイクタイルミュージアムが開館したこと。そして、その開館に足並みをそろえて出版されたのが今回ご紹介する一冊、加藤郁…

7月ミニフェアのお知らせ

これから当店アンフェールフロアにて開催される2つのミニフェアを、ご案内いたします。 Eeny , meeny , miny ,moe... 7/9-7/24 恵文社一乗寺店アンフェールミニフェアフロア 当店と同じ左京区ではありますが、さらに南へ。平安神宮と神宮丸太町駅のちょう中…

【alphabetの浴衣展】

6/28(火)~7/4(月)【alphabetの浴衣展】 夏の風景をぐっと華やかにする浴衣。この梅雨が明ければ、今年も暑い夏がやってきます。酷な暑さをも味方に、軽やかに乗り切ってみせましょうと、生活館の入り口コーナーにて、京都 北山アルファベットさんのオリ…

D-BROS flower vase Fair

2016年の母の日は5月8日。日頃お世話になっている感謝の気持ちを伝えるために、贈り物を探していらっしゃる方も多いことでしょう。母の日といえばカーネーションのお花が象徴的ですが、特別なものでなく、小さなブーケでも貰うと嬉しいもの。お部屋に飾れば…

Noritakeグッズフェア『SOME PRODUCTS』

イラストレーター、アーティストとして多方面に活躍するNoritakeさんのグッズを集めたミニフェアを、先週末より書店一角にて開催しています。定番でお取り扱いしているSIGN PENやYELLOW PAGESなどのステーショナリー類に加えて、iphone caseやbookmark、ドロ…

MACRAME LACE ACCESSORIES

先日こちらの記事でも告知させていただきましたが、手芸作家・松田紗和さんのミニフェアを現在、当店アンフェールフロアで開催しています。初めての著書「マクラメレースのアクセサリー」出版を記念し、書籍に掲載された作品を販売、パネル化して展示してい…

ほどけて蝶になったリボン

本日よりアンフェールでは、川端さよこさんのミニフェア『ほどけて蝶になったリボン』を開催しております。 繊細でスイートな作風のアクセサリーや雑貨を全てお一人で制作されている川端さよこさん。手の込んだ細かい装飾は見ていて惚れ惚れする仕事ぶりです…

「ほどけて蝶になったリボン」のお知らせ

3月15日(火)から3月31日(木)の間、アンフェールでは布や革を染色したコサージュやアクセサリーの企画から制作・販売を行う川端さよこさんのミニフェア『ほどけて蝶になったリボン』を開催します。今回は中でも人気のすみれの花の砂糖漬けシリーズからド…