恵文社一乗寺店 スタッフブログ

恵文社一乗寺店の入荷商品やイベントスケジュール、その他の情報をスタッフが発信いたします。

ギャラリーアンフェール通信 6/25号

ギャラリーアンフェールはだいたい一週間から、長くて二週間で展示入替えをしています。お申込みいただいてからいろんなやり取りをして、やっと作品や作家さんにお会いできたと思ったらあっという間に時間が過ぎて。月曜日の搬出は毎回とても淋しい思いにな…

今週の新入荷、6月第4週

暑い。気がつくと近頃カレーばかり食べているような。今日、明日とスパイスカレーの第一人者水野仁輔氏によるカレー教室が当店のイベントスペースにて開かれています。普段、家でカレーを作るときはいつも水野さんの本を参考にしていて、カレー作りに慣れて…

「100匹のどやねこ展」いわさきこうじ いわさきかつら

ギャラリーアンフェールには、現在たくさんの猫たちが大集合!いわさきこうじさん、いわさきかつらさんの展示「100匹のどやねこ展」を開催中です。 全長8cmの小さな猫たち「どやねこ」。みんな得意げな"どや顔"をしているのでこんな名前がついています。いわ…

Natsuko KOZUE market “around the dining table”

京都在住の作家・梢 夏子さんによる『食卓まわり』をテーマにした展示を、今月24日より開催いたします。布ものや絵付け皿などに加えて、梢さんがデザインを手掛けた手捺染<sakira>手ぬぐい、<ヴィレッジトラストつくだ農園>有機農作物のジャムやピクルス…

今週の新入荷、6月第3週

今週の新入荷、6月第3週をお届けします。 短歌の絵を一日一枚描き、それらをまとめた『食器と食パンとペン』でもお馴染みのイラストレーターである安福望さんと、短歌や川柳の創作や句集のあとがき、書籍の挿絵や読書感想など多岐にわたる文筆活動を行う柳本…

スタッフ募集のお知らせ

恵文社一乗寺店スタッフの募集を行います。 ものを販売することに興味のある方、ぜひあなたの感性や意欲、これまでのスキルを活かして、一緒にお店を作っていきませんか。スタッフの企画に対して、背中を押してくれる職場です。 【応募条件】 ・京都市内にお…

『タダジュン|Dear, THUMB BOOK PRESS』原画展

イラストレーター、銅版画家として活躍するタダジュン初作品集『Dear,THUMB BOOK PRES』の刊行を記念した小さな原画展を来月、当店にて開催いたします。 本書は架空のプライヴェート・プレス<THUMB BOOK PRESS>を主宰していたサムという人物があたかも実在…

倉敷意匠分室カタログ『猫の肖像』発売記念展のおしらせ2

昨日より始まりました、倉敷意匠分室カタログ『猫の肖像』刊行記念フェア。「トラネコボンボン 琺瑯のマグカップ」「升たか 大判ガーゼストール」を中心に、さっそくご好評頂いています。 中でも、父の日を前にご紹介したいのは、型染作家の関美穂子さんが図…

今週の新入荷、6月第2週

その週に入荷した活きの良い本をご紹介する「今週の新入荷」。 6月第2週をお届けします。 今回の一冊目は『本の未来を探す旅 ソウル』。numabooks代表、内沼晋太郎さん、編集者の綾女欣伸さんが行く、空前の本屋ブームが巻き起こる街・ソウル。本屋ブームと…

「長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語」写真展 スタートしました。

【「長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語」写真展】がいよいよスタートしました。 昨年出版された「長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語」は、著者・根本千絵さんの祖父・井手傳次郎が昭和初期に長崎で営んだ「響写真館」とその家族の物語。…

倉敷意匠分室カタログ『猫の肖像』発売記念展のおしらせ1

美しい町並みと、手仕事の伝統が残る岡山県倉敷市。その地を拠点とする雑貨メーカー、倉敷意匠計画室では、一人の作り手さんから工場に至るまで、規模やジャンルに拘らず、物づくりに携わる人々と新たな日用品を生み出しています。今年に入って3冊の新作カタ…

今週の新入荷、6月第1週

今週の新入荷、6月第1週をお届けします。 今週まずご紹介するのは、インディペンデントマガジン『Spectator』の39号、特集「パンクマガジン『Jam』の神話」。70年代半ばより全国各地に爆発的に普及し、街の風景の一部と化した自販機本(成人向けの娯楽読み物…

―思うことを― 梶原菜穂 油絵個展

天気予報にも傘マークが増えてきて、そろそろ梅雨入り。じめじめ嫌われものの季節。でも、雨粒をたっぷり浴びた緑や、わっと咲き始める紫陽花、疎水の蛍、夜中に響く雨音に雨の匂い。雨の日はちょっと特別な、穏やかな時間が流れるようで、最近は梅雨も好き…

2017年5月書店売上ランキング

書店入り口の外壁に、2年ほどまえから小さなトカゲが住み着いています。トカゲの寿命がそんなに長いとは知りませんでしたし、何を食べて生きているのか見当がつきません。半年間見かけなかったのですが、先日久しぶりに顔を合わせました。よっぽど居心地が良…

ギャラリーアンフェール通信 5/29号

書店スペース東隣の扉を入ると、そこはギャラリーアンフェール。雑貨売り場と同じ空間にギャラリースペースがあって、だいたい週替わりでさまざまな展示を開催しています。各地の作家さん、ご近所の芸大生さん、ジャンルも絵画、写真、陶芸、洋服…毎回まった…

FABRIC STORE by chahat のお知らせ2

ネパール、タイ、リトアニアなど、様々な国の人々とものづくりを行っているchahat。先日こちらの記事でもご紹介させて頂きましたが、chahatが選ぶインドのテキスタイル展を、現在ミニギャラリーでは開催しています。 会場に並ぶ色とりどりの布は、ブロックプ…

今週の新入荷、5月第4週

その週に入荷した活きの良い本をご紹介する「今週の新入荷」。 5月4週をお届けします。 中国の出版社Jiazazhi Pressから発行された、どこからどう見ても煙草の箱にしか見えない、ユニークな写真集『Until Death Do Us Part』。嫌煙のご時世です。こんな写真…

FABRIC STORE by chahat のお知らせ

今週末から始まる、chahatによるインドのテキスタイル展。生地の一部を切り貼りしたchahatお手製DMを、店頭では配布しています。会期中はブロックプリントや藍染、機織などの生地が、会場を囲うように並ぶ予定です。昨年同様に、今回も測り売りですので、ご…

今週の新入荷、5月第3週

今週の新入荷、5月第3週をお届けします。 今週まずご紹介するのは、井田千秋さんの『おさまる家』。アンティークの家具、レトロな調度品、季節の草花、お気に入りの本と洋服、あたたかい飲み物と食べものを囲む食卓の情景。童話や児童文学の世界で表現される…

Kite新刊ツアー『山の名前がわからない』

Kite(カイト)は、本の企画から制作、販売までも行うアーティストとデザイナーによるブックレーベル。3冊の新刊出版を記念した展示会を、昨日よりギャラリーアンフェールにて開催しています。 『山の名前がわからない』 加納千尋さんによる写真集。真夜中…

今週の新入荷、5月第2週

月末に開催するユーリー・ノルシュテインのアニメーション上映会に向けた、機材確認の様子。(ここで流れているのは他の映画です。) 映画館のようにとはいきませんが、大画面でみる映像というのはやはり良いもので、機会があればこっそり閉店後にでも、ひと…

今週の新入荷、5月第1週

「Spectator」や「ソトコト」などで特集が組まれ、オルタナカルチャーの文脈でも注目される発酵。今週まずご紹介するのは、その両誌に寄稿するなど、いま最も注目される著者による発酵カルチャーブック『発酵文化人類学』。 「発酵デザイナー」という異色の…

2017年4月書店売上ランキング

越した先の大家さんがとても面倒見の良い方で驚いています。一昨日は、作りすぎたからと揚げたての唐揚げとおにぎりを部屋まで持ってきてくださいました。少し前の日本では当たり前の風景だったのでしょうか。当然、家賃は手渡し。今度はちらし寿司を作って…

滞在者の眼差しが描いた生活の街。『手繪京都日和』

昨年の秋、個人的な旅行で訪れた香港の書店の店頭で出会った一冊の本。街を南北に流れる鴨川、すぐそばを走る京阪電車、三条駅で交差する地下鉄東西線、御池~三条~四条通と接する河原町通。見慣れた街の地図上に、その土地に住み暮らす者にとってもなじみ…

nani IRO、spiralarts&Co. ミニフェアのお知らせ

現在開催中、また明日より店内でスタートするミニフェアについて: まずは今週末より始まりました、テキスタイルブランドnani IROのハンカチフェアのお知らせです。水彩画家・伊藤尚美さんのアートワークから生まれるnani IROの商品は、「絵をのせる布」とし…

今週の新入荷、4月第4週

今週の新入荷、4月第4週をお届けします。 今回まずおすすめしたい一冊は、西荻窪の雑貨店「FALL」店主・三品輝起さんの単著で、個人出版社夏葉社の新刊『すべての雑貨』。実際に雑貨店を経営する中で浮かび上がる、独自の雑貨論、消費論ともいえる著者の思考…

えみおわす 春夏の服展

毎年恒例、えみおわすの展示会がスタートしています。初日よりたくさんのお客さまで賑わった会場には、ログウッド(染料)の媒染を調整した紫、クスノハガシワとザクロをかけあわせて染めた黄色に藍を重ねた深い緑と、前回よりも色幅の増えた衣服が並び、カ…

橋本有佳 個展「旅の向こうへ」

桜も散り始めて、新緑が優しく目にうつるこの頃。ギャラリーアンフェールでは、橋本有佳さん個展『旅の向こうへ』を開催中です。 主に関東でイラストレーターとして活動されていた橋本さんがこの春京都に移住され、新しい土地でのスタートとなる当店での個展…

星空スタンプラリー はじまりました

個性豊かなお店が集う、京都市左京区。星座の数と同じ、左京区エリアを中心とする88のお店が参加し、そのお店をめぐるスタンプラリーが今年も開催! ルールは簡単、500円以上のお買上でスタンプがひとつもらえます。異なる5つのお店で、5スタンプを集めると…

今週の新入荷、4月第3週

今週の新入荷、4月第3週をお届けします。 先日、弊店cottageにて開催された「ぽかんのつどい」。小説家でフランス文学者の山田稔さんを囲むかたちで文藝リトルプレス『ぽかん』に関わる方々やその読者の方々がご近所からも遠方からもたくさん来場されました…

めでる国芳ブック『どうぶつ』出版フェア

「江戸時代の人が絵草紙屋の店先で、気に入った絵を選んで買ったように、浮世絵を1枚の絵として楽しむ」というコンセプトのもと、ひとつのテーマに60枚の絵を選び、日・英の解説を付した『めでる国芳ブック』シリーズ。「ねこ」「おどろかす」に続き、新し…

nimai-nitai『ROSHNE 日々のよそいき』

インド・ブッダガヤのスジャータ村を中心に、フェアトレードによる洋服作りを行なっているニマイニタイ。今年は会場をギャラリーアンフェールとして展示会を開催しています。木版手捺し染めのブロックプリント、手紡ぎ手織りのカディー、手刺繍(カンタワーク…

今週の新入荷、4月第2週

春眠暁を覚えず。瞼を擦りながら、毎晩遅くまで読まなくてはならない本を少しずつ読み進めています。「積ん読」という言葉は日本独自のものだそうです。買った本、貰った本。放っておいてもいいはずなのに、奇妙な義務感に追われて読みはじめ、気がつけば朝…

小谷康弘 陶展

ギャラリーアンフェールでは現在「小谷康弘 陶展」を開催中です。 これまで島本契司さんとの二人展を当ギャラリーで開催いただいた小谷康弘さん。今年はそれぞれ個展でのご紹介となりました。(島本さんは11月に個展を開催予定です) 今回の展示は、小谷さんの…

今週の新入荷、4月第1週

一気に春めいてきたここ数日。今日はあいにくの雨でしたが、天気の良い日は陽が落ちても肌寒さを感じることは日に日に少なくなり、開け放した書籍フロアのドアの向こうから聞こえてくる近所の子どもたちの喚声や鳥のさえずりに季節の変化を感じ胸が躍ります…

塩津植物研究所 山野草木展

先週末の4月2日、当店では塩津植物研究所さんによる盆栽教室を開催。会場では好きな植木鉢と花樹を選び、土づくり、苔植、自分だけのひと鉢を作っていただきました。既に花を咲かせている苗もありましたが、どれもこれから蕾を膨らませていく植物たち。塩津…

須川まきこ個展『Lady Amputee in Powder Room』

ギャラリーアンフェールでは、イラストレーター 須川まきこさんの作品集『Lady Amputee in Powder Room』出版を記念して『須川まきこ 個展』を開催中です。 滑るように美しく艶やかな線で描かれる女の子たち。人形のように作りものの手足を持つ女の子が多く…

2017年3月書店売上ランキング

気がつけば、3月も終わり新しい年度が始まりましたね。よく店に遊びに来てくれていた大学生の友人たちは、こぞって東京へと旅立ったようです。引越しのトラックの多さと、初々しい若者とその両親と思われるグループを見かけると、左京区が学生の街だというこ…

今週の新入荷、3月第5週

その週に入荷した活きの良い本をご紹介する、「今週の新入荷」。本日も盛りだくさんの内容でお届けします。 まずご紹介するのは、2016年9月から2017年1月まで、ベルナール・ビュフェ美術館で開催されていた本展の公式図録『ロベール・ドアノーと時代の肖像 …

書店内『文芸翻訳入門』フェアのご案内

店頭フェアのご案内。 私自身刊行の案内を受けてからずっと待ちわびていました。藤井光編、『文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち』(フィルムアート社)。 いきなり話が逸れますが、日本翻訳大賞というものをご存知でしょうか?西崎…

SAWA「new collection フェア」

手芸作家・松田紗和さんの新作フェアが、本日よりはじまりました。昨年春にはマクラメレースの本を上梓された松田さん。その書籍にも掲載されているような平結びのブレスレットや、フェルトを土台に、しゃこ結びと巻結びを組み合わせたブローチなど、繊細で…

今週の新入荷、3月第4週

早いもので3月も終わりが近づいてきました。 新生活に向けての準備を整える方も多いであろう時節、忙しなさの合間にもふっと一息をついて本を開き気づけばいつしか熟読を始めてしまう、そんな余白の時間を日常のなかに忘れないように持っておきたいものです…

平成二十九年春 イイダ傘店 雨傘・日傘展示受注会

恒例のイイダ傘店さんによる、雨傘と日傘展示受注会。初日からたくさんのお客様で賑わっています。 雨傘は表情豊かな新作生地から、日傘の場合は、昨年秋のテキスタイルよりお好きなものを選び、それに合う傘のサイズや手元をオーダーいただけます。手元は手…

ら工房 かばんいろいろ展

ギャラリーアンフェールでは、株式会社羅工房さんによる「かばんいろいろ展」を開催中です。 麻生地や手漉き和紙などで和雑貨を製作されている京都の会社、羅工房さん。今回はカバンを中心に集めた展示を開催いただきました。 招き猫が大胆にデザインされた…

絵本『ぼくのおじいちゃん』パネル展示のご案内

国内の絵本ではまず見かけないような色彩と、版画のような少し擦れた風合いがなんとも可愛らしいポルトガルの絵本『ぼくのおじいちゃん』(アノニマ・スタジオ)。おちゃをしたり、ピラティスやドイツ語を習ったり、友達と一緒に川べりでランチをしたり。こん…

平成二十九年 春 イイダ傘店 雨傘・日傘展のお知らせ

いよいよ23日(木)より、イイダ傘店さんの受注会が始まります。毎年の恒例イベントですが、今回の会場は当店奥のコテージ。どんな空間に仕上がるのか、今からとても楽しみです。受注手順は、傘骨のサイズや手元などを選べるセミオーダー方式。雨傘は、透明…

久留米絣MONPE 入荷のおしらせ

筑後のものづくりの魅力を伝えるアンテナショップ「うなぎの寝床」が、久留米絣の工房と手を組み開発した、現代版もんぺ。昨年春に久留米絣のフェアを開催した際にも少しだけご紹介させていただき、ご好評を得ていたアイテムが種類も新たに再入荷しました。…

片井家具道具展 2017・弥生

ギャラリーアンフェールでは現在、「片井家具道具展 2017・弥生」を開催中です。当ギャラリーではすっかりおなじみの片井家具道具さん。今回は厳選された小物や小家具を中心に並べた展示になりました。 京都で家具をつくられている片井家具道具のデザインコ…

今週の新入荷、3月第3週

毎週金曜更新。 その週に入荷した活きが良い本を紹介する「今週の新入荷」、3月第3週をお届けします。 海外文学というジャンルが「売れない」と言われる風の中にあって、過去に出版され、その後長らく絶版状態が続いていた傑作が今になって相次いで復刊され…

Modern Buenos Aires, Native Argentina

明日からミニギャラリーでは、ご夫婦で世界を旅する「LIFE IS JOURNEY!」による、アルゼンチンフェアを開催します。様々な国を旅し、その土地で見つけた品々をご紹介しているお二人。当店で普段より販売しているマテ茶、Bodhi MATEもそのひとつです。 日本に…